スケジューラ サービスを使用して、リモート プロセスを閉じる方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

142011
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
リモート プロセスは、スケジューラ サービスを使用して停止できます。
詳細
  1. 強制終了するプロセスを実行するコンピューター上でスケジューラ サービスを起動します。
  2. ターゲット コンピューターの System32 ディレクトリ通常 C:\Winnt35\System32 に、Windows NT 3. 5 リソース キット x から Kill.exe をコピーします。
  3. リモート コンピューター上のコマンド プロンプトで入力します。

    \\TARGET_MACHINE execute_time AT「倒す process_name」

    例は、型。

    \\NTSERVER1 13時 00分 AT「終了時刻」
注: プロセス名が、実行可能ファイル名と同じは、リソース キットからも、Pviewer.exe を使用してプロセス名を取得できます。 また、リモート ユーザーには適切なアクセス、ターゲット コンピューターがあります。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:142011 - 最終更新日: 03/01/2014 09:58:29 - リビジョン: 4.1

  • Microsoft Windows NT Server 3.5
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • kbnosurvey kbarchive kbmt KB142011 KbMtja
フィードバック