16 ビットのリモート オートメーション クライアントのバグ: エラー '80080005'

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:142291
概要
エラー '429' または '-2146959355' (hex80080005) をエラー プロパティまたは依存し、リモートで追加されるオブジェクト、16 ビット クライアントのメソッドにアクセスする場合があります。リモート オートメーションは Visual Basic 4.0 では、16 ビットをインストールすることによってセットアップをしたマシンでこのエラーが発生します。セットアップ ウィザードが使用されている 16 ビット クライアントのセットアップ プログラムを生成の場合は、この問題は発生しません。
原因
Visual Basic 4.0 では、16 ビットに Autprx16.dll が正しく登録されない duringinstallation。この DLL は、32 bitoperating システムで実行されている 16 ビット クライアントによって使用されます。セットアップ ウィザードによって生成されたセットアップ プログラムは、theregistration を正常に実行します。さらに、16 bitoperating システムで実行されている 16 ビット クライアントは Autprx.dll を使用し、ビジュアル基本的な 4.0 のインストールは、Autprx.dll を正しく登録されるため、この問題がないです。
状況
マイクロソフトでは、これで上記の製品の問題を認識しています。投稿の詳細については、ナレッジ ベースが使用可能になりますが、問題の調査をします。
回避策
16 ビット クライアントでは、手動で registerAutprx16.dll に依存しているオブジェクトへのアクセスを有効にします。これを実現する、Regsvr.exe (Tools\PSS サブディレクトリに) 含まれている Visual Basic では、プログラムを使用できます。

DLL を登録するには、このコマンドラインを使用します。
regsvr.exe autprx16.dll
詳細

再現手順を実行します。

  1. 作成し、依存するオブジェクトを含む外部で作成可能なオブジェクトを公開する OLE サーバーをコンパイルします。Professional 機能ガイドの OLE サーバーを作成するセクションの 32 のページに記載されている請求書のサーバーの例では、問題を示します。

  2. 手順 1 で作成された OLE サーバーを使用するクライアント プログラムを作成します。OLE サーバーを作成する」セクションの [34] ページの下部にあるコードは、新しい請求書オブジェクトを作成し、問題が再現するコードを実行します。
  3. リモート サーバーで別のマシン上に配置し、(RacMan、CliReg) が、サーバーとリモート オートメーションのクライアントを構成するのには、指定されたツールを使用しています。
  4. プロパティにアクセスするコードの行または依存オブジェクトのメソッドを実行します。上記の適切なエラーが表示されます。Autprx16.dll を登録すると、問題を解決する必要があります。
4.0 vb4win vb416

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:142291 - 最終更新日: 07/03/2016 13:56:00 - リビジョン: 4.0

  • kbbug kbmt KB142291 KbMtja
フィードバック