現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

User32.dll の初期化失敗エラーへの対処方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP142676

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
サービスを開始しようとすると、次のメッセージがダイアログ ボックスに表示される場合があります。
ServiceName - ダイナミック リンク ライブラリ c:\windows\system32\user32.dll の初期化に失敗しました。プロセスは異常終了します。
原因
システムで、開始するサービス用の新しいデスクトップ ヒープを作成するためのメモリが不足しています。
解決方法
警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。


この現象を修正するには、レジストリを編集し、この問題の影響を受けたコンピュータを再起動する必要があります。
  1. レジストリ エディタ (Regedt32.exe) を起動します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE サブツリーの下にある次のサブキーを見つけてクリックします。

    \System\CurrentControlSet\Control\Session Manager\ SubSystems\Windows
このデータのデフォルト値は、次のとおりです (全体で 1 行)。

%SystemRoot%\system32\csrss.exe ObjectDirectory=\Windows   SharedSection=1024,3072 Windows=On SubSystemType=WindowsServerDll=basesrv,1 ServerDll=winsrv:UserServerDllInitialization,3ServerDll=winsrv:ConServerDllInitialization,2 ProfileControl=OffMaxRequestThreads=16				


次の手順に従って、この値を変更する必要があります。

SharedSection の値を定義している部分を探し、2 番目の数字の後に ",512" を付け加えます。つまり、この値は次のようになります。

%SystemRoot%\system32\csrss.exe ObjectDirectory=\WindowsSharedSection=1024,3072,512 Windows=On SubSystemType=WindowsServerDll=basesrv,1 ServerDll=winsrv:UserServerDllInitialization,3ServerDll=winsrv:ConServerDllInitialization,2 ProfileControl=OffMaxRequestThreads=16				


この変更を加えた後 Regedt32 を終了し、サーバーを再起動します。

この変更により、非対話型サービスによって作成されるデスクトップ ヒープのサイズが 512 KB に制限されます。この値は、ほとんどのサービスにとって十分な大きさです。

任意指定の 3 番目の値を追加することで、非対話型デスクトップ (サービス) のデスクトップ ヒープ サイズが 512 KB と定義されます。デフォルトでは、対話型デスクトップと同じデスクトップ ヒープ サイズが使用される場合があります。この値は 2 番目の値 (3072 つまり 3 MB) で定義されています。この 3 番目の値に設定できる最小値は 128 です。128 よりも小さな値を指定した場合でも、128 が使用されます。この値を 512 に設定すると、上記の問題が再発する前に、およそ 90 個までのサービスを開始することができます。
状況
この動作は仕様です。レジストリ エントリを使用すると、デフォルトの設定値を再定義することができます。
詳細
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
184802 [PRB] User32.dll または Kernel32.dll の初期化に失敗する
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 142676 (最終更新日 2004-04-03) を基に作成したものです。
Exchange SMS SNA SQL Server prodnt stop initialize initialized heap space heapspace winstation desktop user32 dll Initialization failed dynamic link system32
プロパティ

文書番号:142676 - 最終更新日: 07/09/2011 01:30:00 - リビジョン: 3.2

  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • kbenv KB142676
フィードバック
ipt> dy>ow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");