ActiveX コントロール (.ocx) を手動で登録する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:146219
概要
.Ocx ファイルを正しく登録する必要があります、ActiveXcontrol (.ocx ファイル) を使用する Microsoft Visual FoxPro アプリケーションを配布するときに towork 正しくします。Visual FoxPro セットアップ ウィザードまたは Visual FoxPro 7.0 またはそれ以降のバージョンの Visual FoxPro の InstallShield Express 登録 .ocx ファイル filecorrectly では、the.ocx ファイルの手順 6 でOLE ] チェック ボックスを選択することです。Visual FoxPro アプリケーションでは、.ocx ファイル isdistributed を使用して、他のいくつかのメソッドによって場合、.ocx ファイルを手動で登録する必要があります。この資料は、.ocx ファイルを手動で登録する方法を説明します。
詳細
32 ビット ・ オペレーティング ・ システムで手動での 32 ビットの .ocx ファイルを登録するのには、Microsoft サーバーの登録 (Regsvr32.exe) を使用できます。3.0and の Visual FoxPro 3.0b では、Regsvr32.exe \Vfp\Samples\Ole ディレクトリにあり、\Vfp ディレクトリにある inVisual の FoxPro 5.0、Regsvr32.exe です。VisualFoxPro 6.0 では、Regsvr32.exe はビジュアルの FoxPro ディレクトリの Distrib.src ディレクトリに見つかりました。Visual FoxProapplication 含むことがあります。Regsvr32.exe を使用する構文は次のとおりです。
   Regsvr32 [/u] [/s] <OCX File Name>					
メモ/u は、登録解除、.ocx ファイルを意味します。
/s はサイレント モード (メッセージを表示しません)。

次の例では、任意のメッセージを表示する Microsoft MAPI ActiveX の Controlwithout を登録します。
   Regsvr32 /s MSMAPI32.OCX				
Visual FoxPro アプリケーションでは、次の使用例を実装するには、次のように、RUNcommand を使用します。
   RUN /N Regsvr32 /s MSMAPI32.OCX				
<b>コントロールを登録するときにエラーが発生する場合は、以下を実行します。
  1. レジストリの前に、コントロールが登録されていないことを確認します。
  2. 次のファイルが windows \system ディレクトリにないことを確認します。
          mfc30.dll     olepro32.dll     msvcrt20.dll      mfc40.dll     msvcrt40.dll
    これらのファイルのいずれかが不足している場合は、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
    エラー: OLE エラー コード 0x80040112: このクラスが見つかりませんの適切なライセンスです。

警告: この記事は自動翻訳されています

Proprietà

ID articolo: 146219 - Ultima revisione: 07/03/2016 13:56:00 - Revisione: 13.0

Microsoft Visual FoxPro 3.0 Standard Edition, Microsoft Visual FoxPro 5.0 Standard Edition, Microsoft Visual FoxPro 6.0 Professional Edition, Microsoft Visual FoxPro 7.0 Professional Edition, Microsoft Visual FoxPro 9.0 Professional Edition

  • kbautomation kbhowto kbinterop kbmt KB146219 KbMtja
Feedback