イベント 560、562 分析のオブジェクトが選択されているなし時

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:149401
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
[ポリシー] メニューの [の監査を選択し、監査の対象となるすべてのオブジェクトを指定せずにドメインのファイルの監査とオブジェクトへのアクセス オプション ユーザー マネージャーでを有効した場合イベント 560 およびイベント 562 がセキュリティ ログ ファイルに記録されます。 ドメイン ユーザー マネージャー (またはサーバー マネージャー) の管理者アカウントによって実行される任意の操作をイベントとして記録されます 560、管理者のアカウントし、システムのイベント 562 としてアカウントします。
原因
既定、ファイルの監査とオブジェクト アクセスのオプションの監査ではすべてのアクション実行でドメイン ユーザー マネージャー (およびサーバー マネージャーで)。
解決方法
これは仕様によるものです。 セキュリティ アカウント マネージャー (SAM) に既定では、セキュリティで保護されたアクセス制御リスト (SACL) すべてのオブジェクトを作成、および割り当てオブジェクト アクセス監査が発生すると、ユーザー マネージャーで管理します。
イベント ID の prodnt

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:149401 - 最終更新日: 02/27/2014 10:24:33 - リビジョン: 2.1

Microsoft Windows NT Workstation 3.5, Microsoft Windows NT Workstation 3.51, Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition, Microsoft Windows NT Server 3.5, Microsoft Windows NT Server 3.51, Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbnetwork kbmt KB149401 KbMtja
フィードバック