月間予定表を Excel で作成する方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:150774
概要
この資料には、月と年の入力を求めるし、ワークシートを使用して、月間予定表を作成するマクロ (Sub プロシージャ) の Microsoft Visual Basic for Applications のサンプルが含まれています。
解決方法
マイクロソフトでは解説することのみを目的としてプログラミング例を提供しています。暗示あるいは明示していることに対しての保証はしておりません。ここで言う保証とは、特定の目的に対する商品性や適合性の暗示的保証を含んでいますが、それに限定されるわけではありません。この資料では、例示されているプログラミング言語およびプロシージャの作成やデバッグに使用するツールにお客様が精通していることを前提としています。マイクロソフトのサポート エンジニアは、特定のプロシージャの機能を説明することができますが、機能の追加またはお客様固有の要件を満たすようにプロシージャを作成するこれらの例は変更されません。

予定表を作成するには、以下の手順を実行します。

Microsoft Excel2003

  1. 新しいブックを作成します。
  2. [ツール] メニューで、マクロ] をポイントし、visual Basic エディター] をクリックします。
  3. [挿入] メニューの [モジュール] をクリックします。
  4. モジュール シートに次のコードを Visual Basic for Applications をコピーします。
  5. [ファイル] メニューで、「」を閉じると MicrosoftExcel に戻る」の使用」をクリックしてください。
  6. [Sheet1] タブをクリックします。
  7. [ツール] メニューで、マクロ] をポイントし、[マクロ] をクリックします。
  8. CalendarMaker をクリックし、[カレンダー作成を実行する] をクリックします。

Excel 2007 またはそれ以降

  1. 新しいブックを作成します。
  2. 開発者のリボンで Visual Basic のをクリックします。
  3. [挿入] メニューの [モジュール] をクリックします。
  4. 下記のアプリケーション コード用 Visual Basic をモジュール シートにコピーします。
  5. [ファイル] メニューで、「閉じてマイクロソフト エクセルに戻る」をクリックします。
  6. [Sheet1] タブをクリックします。
  7. [開発] リボンの [マクロ] をクリックします
  8. CalendarMaker をクリックし、[カレンダー作成を実行する] をクリックします。

注: 場合は、開発者のリボンが表示されていないに移動 Excel のオプションを有効にします。Excel 2007 で表示されます、人気のあるメニューと Excel 2010 のリボンのカスタマイズ] メニューに表示されます。

Visual Basic のプロシージャのサンプル

  Sub CalendarMaker()       ' Unprotect sheet if had previous calendar to prevent error.       ActiveSheet.Protect DrawingObjects:=False, Contents:=False, _          Scenarios:=False       ' Prevent screen flashing while drawing calendar.       Application.ScreenUpdating = False       ' Set up error trapping.       On Error GoTo MyErrorTrap       ' Clear area a1:g14 including any previous calendar.       Range("a1:g14").Clear       ' Use InputBox to get desired month and year and set variable       ' MyInput.       MyInput = InputBox("Type in Month and year for Calendar ")       ' Allow user to end macro with Cancel in InputBox.       If MyInput = "" Then Exit Sub       ' Get the date value of the beginning of inputted month.       StartDay = DateValue(MyInput)       ' Check if valid date but not the first of the month       ' -- if so, reset StartDay to first day of month.       If Day(StartDay) <> 1 Then           StartDay = DateValue(Month(StartDay) & "/1/" & _               Year(StartDay))       End If       ' Prepare cell for Month and Year as fully spelled out.       Range("a1").NumberFormat = "mmmm yyyy"       ' Center the Month and Year label across a1:g1 with appropriate       ' size, height and bolding.       With Range("a1:g1")           .HorizontalAlignment = xlCenterAcrossSelection           .VerticalAlignment = xlCenter           .Font.Size = 18           .Font.Bold = True           .RowHeight = 35       End With       ' Prepare a2:g2 for day of week labels with centering, size,       ' height and bolding.       With Range("a2:g2")           .ColumnWidth = 11           .VerticalAlignment = xlCenter           .HorizontalAlignment = xlCenter           .VerticalAlignment = xlCenter           .Orientation = xlHorizontal           .Font.Size = 12           .Font.Bold = True           .RowHeight = 20       End With       ' Put days of week in a2:g2.       Range("a2") = "Sunday"       Range("b2") = "Monday"       Range("c2") = "Tuesday"       Range("d2") = "Wednesday"       Range("e2") = "Thursday"       Range("f2") = "Friday"       Range("g2") = "Saturday"       ' Prepare a3:g7 for dates with left/top alignment, size, height       ' and bolding.       With Range("a3:g8")           .HorizontalAlignment = xlRight           .VerticalAlignment = xlTop           .Font.Size = 18           .Font.Bold = True           .RowHeight = 21       End With       ' Put inputted month and year fully spelling out into "a1".       Range("a1").Value = Application.Text(MyInput, "mmmm yyyy")       ' Set variable and get which day of the week the month starts.       DayofWeek = WeekDay(StartDay)       ' Set variables to identify the year and month as separate       ' variables.       CurYear = Year(StartDay)       CurMonth = Month(StartDay)       ' Set variable and calculate the first day of the next month.       FinalDay = DateSerial(CurYear, CurMonth + 1, 1)       ' Place a "1" in cell position of the first day of the chosen       ' month based on DayofWeek.       Select Case DayofWeek           Case 1               Range("a3").Value = 1           Case 2               Range("b3").Value = 1           Case 3               Range("c3").Value = 1           Case 4               Range("d3").Value = 1           Case 5               Range("e3").Value = 1           Case 6               Range("f3").Value = 1           Case 7               Range("g3").Value = 1       End Select       ' Loop through range a3:g8 incrementing each cell after the "1"       ' cell.       For Each cell In Range("a3:g8")           RowCell = cell.Row           ColCell = cell.Column           ' Do if "1" is in first column.           If cell.Column = 1 And cell.Row = 3 Then           ' Do if current cell is not in 1st column.           ElseIf cell.Column <> 1 Then               If cell.Offset(0, -1).Value >= 1 Then                   cell.Value = cell.Offset(0, -1).Value + 1                   ' Stop when the last day of the month has been                   ' entered.                   If cell.Value > (FinalDay - StartDay) Then                       cell.Value = ""                       ' Exit loop when calendar has correct number of                       ' days shown.                       Exit For                   End If               End If           ' Do only if current cell is not in Row 3 and is in Column 1.           ElseIf cell.Row > 3 And cell.Column = 1 Then               cell.Value = cell.Offset(-1, 6).Value + 1               ' Stop when the last day of the month has been entered.               If cell.Value > (FinalDay - StartDay) Then                   cell.Value = ""                   ' Exit loop when calendar has correct number of days                   ' shown.                   Exit For               End If           End If       Next       ' Create Entry cells, format them centered, wrap text, and border       ' around days.       For x = 0 To 5           Range("A4").Offset(x * 2, 0).EntireRow.Insert           With Range("A4:G4").Offset(x * 2, 0)               .RowHeight = 65               .HorizontalAlignment = xlCenter               .VerticalAlignment = xlTop               .WrapText = True               .Font.Size = 10               .Font.Bold = False               ' Unlock these cells to be able to enter text later after               ' sheet is protected.               .Locked = False           End With           ' Put border around the block of dates.           With Range("A3").Offset(x * 2, 0).Resize(2, _           7).Borders(xlLeft)               .Weight = xlThick               .ColorIndex = xlAutomatic           End With           With Range("A3").Offset(x * 2, 0).Resize(2, _           7).Borders(xlRight)               .Weight = xlThick               .ColorIndex = xlAutomatic           End With           Range("A3").Offset(x * 2, 0).Resize(2, 7).BorderAround _              Weight:=xlThick, ColorIndex:=xlAutomatic       Next       If Range("A13").Value = "" Then Range("A13").Offset(0, 0) _          .Resize(2, 8).EntireRow.Delete       ' Turn off gridlines.       ActiveWindow.DisplayGridlines = False       ' Protect sheet to prevent overwriting the dates.       ActiveSheet.Protect DrawingObjects:=True, Contents:=True, _          Scenarios:=True       ' Resize window to show all of calendar (may have to be adjusted       ' for video configuration).       ActiveWindow.WindowState = xlMaximized       ActiveWindow.ScrollRow = 1       ' Allow screen to redraw with calendar showing.       Application.ScreenUpdating = True       ' Prevent going to error trap unless error found by exiting Sub       ' here.       Exit Sub   ' Error causes msgbox to indicate the problem, provides new input box,    ' and resumes at the line that caused the error.   MyErrorTrap:       MsgBox "You may not have entered your Month and Year correctly." _           & Chr(13) & "Spell the Month correctly" _           & " (or use 3 letter abbreviation)" _           & Chr(13) & "and 4 digits for the Year"       MyInput = InputBox("Type in Month and year for Calendar")       If MyInput = "" Then Exit Sub       Resume   End Sub				
ニーズに合わせてカレンダーをカスタマイズするには、他のコードを追加することができます。日付ごとに、画面上のエントリの行を挿入または画面のサイズと解像度に基づいて、予定表のすべてを表示する画面のサイズを変更します。
XL2003 XL2007 XL2010

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:150774 - 最終更新日: 06/11/2016 19:01:00 - リビジョン: 9.0

Microsoft Office Excel 2003, Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Excel 2010, Excel 2016

  • kbautomation kbdtacode kbhowto kbprogramming kbmt KB150774 KbMtja
フィードバック