現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[XADM] EDB Event ID 23 Error -1018

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP151789
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Exchange サーバーの Information Store (以下、IS) や Directory Store (以下、DS)のオンライン バックアップを行った際に、アプリケーション イベント ログにエラー - 1018 の内容を示すエラー イベントが記録されることがあります。

詳細
Exchange サーバーの Jet データベースでは IS や DS へのトランザクションは一旦トランザクション ログ ファイル (EXCHSRVR\MDBDATA、または EXCHSRVR\DSADATA にある EDB*.LOG) に書き込み、そのログ ファイルから Jet にコミット処理を行います。このプロセスで Jet エンジンは書き込むべきページのチェックサムを計算し、ディスク上の実際のデータベースのページ ヘッダに 4KB のページ データの書き込みを要求します。つまりファイル システムはこのコールを受けると Windows NT サービスを使用して実際の書き込み要求をハードウェア デバイス ドライバに転送します。そのハードウェア デバイス ドライバはファイル システムに情報を返し、そして Jet にその情報を反映させます。この一連のコールが正常に行われると、Jet は動作を続けます。

もしもハードウェアに故障が発生した状態や、実際の動作を終了する前の状態でキャッシュした情報に対する要求が発生すると、ハードウェアは実際の物理的な動作を行う前に処理に成功したことを示す応答を返します。この動作は SCSI コントローラやハード ディスクのパフォーマンス向上のために行われます。しかしながらこのように実際の物理的なオペレーションの代替が行われた場合には、エラー イベントが発生しそのデータは期待通りの書き込みがその時点では行われていなかったことを表します。

Exchange サーバーの IS や DS のオンライン バックアップを実行する時、4KB のページがテープに書き込まれる前に、チェックサムの確認が行われます。バックアップ ルーチンはディスクから 4KB ページ データの読み出し要求を行います。その要求が受け付けられると Jet は再度チェックサムの計算を行います。この読み出し要求からのチェックサムの値は、書き込み処理中に記録されたチェックサム値と比較されます。もしもその値が一致しない場合には Jet はページに異常があると判断し、ID -1018 のエラー イベントが発生します。
解決方法
上記のような問題が発生した場合の対処方法を以下に 2 つ記述します。

バックアップ データのリストア

上述のようなエラーが発生した場合は、最新の正常なバックアップ データからデータベースをリストアすることが最も安全です。しかしながら、ハードウェアの問題が依然として残っている場合には、問題が解消されることはありません。その場合には Windows NT のイベント ログがハードウェアのエラーを記録しているはずです。他に考えられる原因はハードディスクのライト バック キャッシュが有効になっていることです。Exchange サーバーのようなトランザクション ログを利用したデータベースを持つアプリケーションが動作しているマシンでは、ハードディスクのライト バック キャッシュをオフにする必要があります。

EDBUTIL.EXE の実行

壊れたページを修復するためのもう 1 つの方法が EDBUTIL.EXE を使用する方法です。ここで、EDBUTIL.EXE を実行する前には必ずデータベース ファイルとログ ファイルのオフライン バックアップを取得することを忘れないでください。つまりファイル レベルで EXCHSRVR\DSADATA と EXCHSRVR\MDBDATA ディレクトリのバックアップを取得することです。これらのバックアップ データは EDBUTIL.EXE が失敗した時に元の状態に戻すために必要です。
EDBUTIL.EXE はデータベースのデフラグメンテーションや整合性をチェックする低レベルの Jet データベース ユーティリティです。また EDBUTIL.EXE には壊れたページを修復したり、もしもその修復の作業が失敗した時にその部分を削除するためのオプション (Edbutil /d /r <dbname>) があります。もしも修復オプションでページが削除されてしまうと、データ喪失につながります。データベース中のページは、メッセージ、フォルダ、テーブル、マスター インデックスなどの情報を保持しています。EDBUTIL.EXE がある特定のページを削除してしまったとしても、Jet はデータを RAW レベルで参照するためその削除された情報が何であったかということは知ることはできません。Jet データベースの修復後、EDBUTIL.EXE を実行したデータベースに対して ISINTEG.EXE を FIX モードで実行してください。ISINTEG.EXE は Jet データベースである IS の実際のデータにおけるポインタ間の不整合を調整します。もしも EDBUTIL.EXE による修復作業 (Edbutil /d /r) を実行後すぐに ISINTEG.EXE を実行しなかった場合には、ユーザーのメール ボックス壊れてしまう可能性があります。ユーザーはメッセージを開くことができなくなったり、開封済み / 未開封の情報が不正になったりしてしまいます。詳細は Exchange サーバー管理者ガイドの EDBUTIL.EXE、ISINTEG.EXE に関する項目をご覧ください。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 151789 (最終更新日 1998-01-05) をもとに作成したものです。

exfaq 1018 page bad corrupt
プロパティ

文書番号:151789 - 最終更新日: 12/04/2015 14:50:30 - リビジョン: 5.0

  • Microsoft Exchange Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.0 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo KB151789
フィードバック