オートメーションを学習するためのリソースを検索します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:152023
概要
オートメーションを使用したサーバー アプリケーションのプロパティ、メソッドを呼び出すクライアント アプリケーション。この資料では、forstudying Windows ソフトウェア開発キット (SDK) を使用して自動化のリソースへのポインターを提供します。
詳細

書籍

次の解説は、Windows SDK を使用して ole オートメーションを実装するための紹介をします。
  1. 内部 COM 成宮 Rogerson によって。COM のすべてのユーザーに対して適切な実用的なガイドです。マイクロソフト プレスします。ISBN 番号 1-57231-349-8。

    第 11 章に特に注意を与える:「ディスパッチ インターフェイスとオートメーション」
  2. 内部 Visual C++ David J. Kruglinski によって。この 4 番目のエディションは、Visual C++ の機能を適切に全体的な説明です。マイクロソフト プレスします。ISBN 番号 1-57231-565-2。

    読み取り第 24 章: オートメーション」です。
  3. OLE オートメーション プログラマの参照の作成のプログラミング可能な 32 ビット アプリケーションです。 マイクロソフト プレスします。ISBN 1-55615-851-3。

    オートメーション サーバーとクライアントの概要については以下の章を参照してください。

    第 1 章:「概要の OLE オートメーション。」
    第 2 章」を公開する OLE オートメーション オブジェクトです。「
    第 3 章」にアクセスする OLE オートメーション オブジェクトです。「

    このマニュアルでは、Win32 SDK と 32 ビット Visual C++ コンパイラに付属している HELLO、行、参照、および BROWSEH のサンプルを参照します。
  4. 内部 OLE のも他 2 つ目のエディションです。マイクロソフト プレスします。ISBN 1-55615-843-2。

    次の章では、OLE オートメーションに関する情報を提供します。

    第 14 章「OLE オートメーションとオートメーション オブジェクト。
    第 15 章「OLE オートメーション コント ローラーとツール。
    第 3 章: 型情報」です。
    第 4 章:「接続可能ですオブジェクト]

サンプル

TheQ 数およびサンプルをこの資料のタイトルでは、Microsoft ダウンロード センターから利用可能なサンプルが示されます。すべての othersamples は、Win32 SDK や、32 ビット Visual c コンパイラから取得できます。すべてのサンプルは、特に明記しない限り、32 ビットです。

サーバー

  • HELLO - 単純な EXE ベースのオートメーション サーバーです。これは、適切なサンプルを使用して、最初のオートメーション サーバーを作成する方法について説明します。
  • 線 - より複雑な EXE ベースのオートメーション サーバーもコレクションを実装します。
  • BROWSEH - インプロセス (DLL ベース) のオートメーション サーバーです。
  • SIMPAUTO - 簡単な EXE ベースの 16 ビットのオートメーション サーバーです。(Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
    107981 サンプル: 単純な OLE オートメーション オブジェクトのサンプル)
  • AUTODLL - 簡単なインプロセス (DLL ベース)、16 ビットのオートメーション サーバーです。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
    107982 サンプル: OLE オートメーションの Inproc オブジェクト
  • DISPCALC、DISPCALC2、SPOLY、および SPOLY2 は、Win32 SDK に付属している他のサーバーです。これらは以前のサンプルであり、他のこのセクションで前述した説明した後にのみで調査する必要があります。

クライアント

  • HELLCTRL - vtbl バインディングを使用してサーバーを制御するクライアントを使用します。
  • 参照の実行時バインディングを使用してサーバーを制御するクライアントです。Invhelp.cpp および invhelp.h ファイルには、任意のサーバーのクライアントを作成しやすくためのヘルパー関数が含まれています。
  • DISPDEMO の遅延バインディングを使用してサーバーを制御するクライアントです。
  • AUTOCTRL の遅延バインディングを使用する 16 ビットのオートメーション クライアントです。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
    106080 サンプル: OLE オートメーション コント ローラーのサンプル
    メモ: クライアントに簡単に書き換えることもできます Visual Basic を使用します。

タイプ ライブラリのブラウザー

  • TIBROWSE - ITypeLib ITypeInfo の使用方法を示す単純な型ライブラリのブラウザーです。
  • BROWSEH - より複雑な型ライブラリのブラウザーです。

タイプ ライブラリのビルダー

  • TYPEBLD - では、タイプ ライブラリを作成するのには ICreateTypeLib と ICreateTypeInfo を使用する方法を示します。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
    131105 サンプル: TYPEBLD: ICreateTypeLib & ICreateTypeInfo を使用する方法

セーフ配列

  • SAFEARAY - では、セーフ配列の使用方法について説明します。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
    131086 サンプル: SAFEARAY: オートメーションのセーフ配列の使用
  • バイナリでは、バイナリ データを転送するセーフ配列の使用方法を示しています。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
    131046 例: バイナリ: OLE オートメーションを使用してバイナリ データを転送します。

引数のオプションと変数の数

  • OPTARG には、オプションであり、可変個の引数の使用方法を示しています。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
    131052 サンプル: OPTARG: オートメーションの省略可能なパラメーター

コレクション

  • 行のコレクションを実装します。
  • 収集のコレクションを実装する方法を示す 16 ビットのサンプルです。

多言語のサーバー

  • MULTLING - 3 つの言語でプロパティとメソッドを実装するサーバーです。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
    107698 例: 多言語の OLE オートメーション オブジェクト
関連情報
オートメーションの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには、以下の記事番号をクリックしてください。
196776 Visual C++ を使用してよく寄せられる質問: Office のオートメーション
181473 C++ ではなく、C のアプリケーションからの OLE オートメーションを使用してください。
216686 HOWTO は、Excel から C++ を使用して MFC または #import を自動化します。
216388 ファイル: B2CSE.exe に変換します Visual Basic オートメーション コード Visual C++

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:152023 - 最終更新日: 11/01/2015 02:23:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Windows 95, Microsoft Windows NT Server 3.51, Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition, Microsoft Windows NT Workstation 3.5, Microsoft Windows NT Workstation 3.51, Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition

  • kbautomation kbinfo kbprogramming kbmt KB152023 KbMtja
フィードバック