現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

長いファイル名から短いファイル名を取得するには、方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:154822
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Dir() 関数は、長いファイル名を取得する使用できますが、表示されていません。パス情報が含まれます。与えられた短いパス/ファイル名を解析して、構成ディレクトリ、Dir() 関数長を構築できます.パスとファイル名です。この資料では、この動作を実現する方法を示します。
詳細
コード例次にはに簡単に変換する関数が含まれています。ファイル名は、長いファイル名の対応にし、簡単なのも関数の使用をデモンストレーションします。

ステップ バイ ステップの例

  1. Visual Basic を起動します。デフォルトで Form1 が作成されます。
  2. Form1 にコマンド ボタンを配置します。
  3. [挿入] メニューの [を 1 つのコード モジュールに追加するモジュールを選択します。プロジェクトです。
  4. Module1 に、次のコードを追加します。
       Public Function GetLongFilename _     (ByVal sShortName As String) _     As String     Dim sLongName As String     Dim sTemp As String     Dim iSlashPos As Integer     'Add \ to short name to prevent Instr from failing     sShortName = sShortName & "\"     'Start from 4 to ignore the "[Drive Letter]:\" characters     iSlashPos = InStr(4, sShortName, "\")     'Pull out each string between \ character for conversion     While iSlashPos       sTemp = Dir(Left$(sShortName, iSlashPos - 1), _         vbNormal + vbHidden +    vbSystem + vbDirectory)       If sTemp = "" Then         'Error 52 - Bad File Name or Number         GetLongFilename = ""         Exit Function       End If       sLongName = sLongName & "\" & sTemp       iSlashPos = InStr(iSlashPos + 1, sShortName, "\")     Wend     'Prefix with the drive letter     GetLongFilename = Left$(sShortName, 2) & sLongName   End Function					
  5. Command1_Click イベントに以下を追加します。
       Private Sub Command1_Click()     'Assumes C:\Program Files\Common Files is a valid path     Print GetLongFilename("C:\PROGRA~1\COMMON~1")   End Sub					
  6. [実行] メニューの [開始] をクリックしてまたはを開始するのには、F5 キーを押します。
  7. コマンド ボタンをクリックします。
指定したパスが有効な場合は、時間と同じになります。フォームで印刷します。何も、その場合印刷されます、有効でない場合Command1_Click イベントに有効な短いファイル名を指定する必要があります。コードです。
kbVBp400 vkbVBp500bug kbVBp600bug kbVBp kbdsd kbDSupport KBWIN32SDK KBAPI

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:154822 - 最終更新日: 03/01/2014 15:23:25 - リビジョン: 6.0

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbmt KB154822 KbMtja
フィードバック