現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FAT32 ファイル システムについて

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP154997
: この資料は情報提供を目的としており、トラブルシューティングの情報は含まれていません。この資料で触れられていないトラブルシューティング情報を探している場合は、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に掲載されているキーワードを使用して、さらに検索してください。
242450 「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の検索方法に関するヒント
概要
この資料は、Windows 95 OEM Service Release 2 (OSR2)、Windows 98、および Windows Millennium Edition (Me) に含まれている FAT32 ファイル システムについて説明したものです。
詳細
Windows 95 OSR2、Windows 98、および Windows Me には、FAT32 と呼ばれるアップデートされたバージョンの FAT ファイル システムが含まれています。FAT32 ファイル システムでは、デフォルトのクラスタ サイズが 4 KB まで縮小され、2 GB を超える EIDE ハード ディスクがサポートされています。

: FAT32 ファイル システムは、Microsoft Windows NT 4.0 ではサポートされません。Windows NT 4.0 でサポートされているファイル システムの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
100108 FAT、HPFS、NTFS ファイル システムについて

FAT32 の特徴

FAT32 では、以前の FAT ファイル システムに対して以下のような拡張機能が提供されています。
  • 最大 2 TB (テラバイト) までのドライブをサポートしています。

    : Microsoft Windows 2000 でサポートされる FAT32 パーティションのサイズは 32 GB までです。
  • 領域の使用効率が高くなっています。使用するクラスタがより小さい (8 GB までのドライブでは 4 KB のクラスタを使用する) ため、大容量の FAT または FAT16 ドライブに比べて、ディスク領域の使用効率が 10 ~ 15% 向上しています。
  • 堅牢性が向上しています。FAT32 では、ルート フォルダの再配置が可能であり、ファイル アロケーション テーブルのデフォルトのコピーではなくバックアップ コピーを使用することができます。また、FAT32 ドライブのブート レコードは、重要なデータ構造のバックアップ コピーを格納するように拡張されています。このため、FAT32 ドライブは、既存の FAT16 ドライブに比べて、単一点での障害の影響を受けにくくなっています。
  • 柔軟性が向上しています。FAT32 ドライブ上のルート フォルダは、通常のクラスタ チェーンになっているため、ドライブ上の任意の場所に配置できます。ルート フォルダのエントリ数に関する制限もなくなっています。さらに、ファイル アロケーション テーブルのミラーリングを無効にして、ファイル アロケーション テーブルの最初のコピー以外のコピーをアクティブにすることもできます。これらの特長により、FAT32 パーティションの動的なサイズ変更が可能です。ただし、この機能は FAT32 の仕様としては可能ですが、マイクロソフトによる最初のリリースには実装されていません。

FAT32 の互換性について

FAT32 は、既存のプログラム、ネットワーク、およびデバイス ドライバとの互換性を最大限に保つため、既存の Windows アーキテクチャ、内部データ構造、API (Application Programming Interfaces)、およびディスク上のフォーマットへの変更を最小限に抑えて実装されています。ただし、クラスタ値の保存に 4 バイトが必要なため、内部データ構造、ディスク上のデータ構造、および公開 API の多くが更新または拡張されています。場合によっては、既存の API が FAT32 ドライブ上で動作しないこともあります。大部分のプログラムは、これらの変更の影響を受けることはありません。既存のツールおよびドライバは、通常、FAT32 ドライブ上でも動作します。ただし、MS-DOS ブロック デバイス ドライバ (Aspidisk.sys など) およびディスク ツールは、FAT32 ドライブをサポートするように更新する必要があります。

マイクロソフトによりバンドルされているディスク ツール (フォーマット、Fdisk、デフラグ、MS-DOS ベースおよび Windows ベースのスキャンディスク) は、すべて FAT32 で動作するように更新されています。さらにマイクロソフトは、主要なデバイス ドライバやディスク ツールの製造元と協力し、各社の製品で FAT32 をサポートするための支援を行っています。

: FAT32 ボリュームは、Microsoft DriveSpace や DriveSpace 3 を使用して圧縮できません。

FAT32 のパフォーマンス

FAT32 ファイル システムへの変換は、Windows 98 ベースのコンピュータのパフォーマンスを向上させる最も効果的な方法の 1 つです。

デュアルブート コンピュータ

現在、FAT32 ボリュームにアクセスできるマイクロソフトのオペレーティング システムは、Windows 95 OSR2、Windows 98、Windows 2000、および Windows Me だけです。MS-DOS、初期バージョンの Windows 95、および Windows NT 4.0 では、FAT32 パーティションが認識されず、FAT32 ボリュームからの起動もできません。また、コンピュータが別のオペレーティング システム (Windows 95 や MS-DOS の起動ディスクなど) を使用して起動されている場合も、FAT32 ボリュームに正しくアクセスできません。

Windows 95 OSR2 と Windows 98 では、(ゲームを実行する場合などに) リアル モードで起動して FAT32 ボリュームを使用できます。

FAT32 ドライブの作成

Windows 95 OSR2、Windows 98、および Windows Me では、512 MB を超えるハード ディスクに対して Fdisk ツールを実行すると、大容量ディスク サポートを有効にするかどうかをたずねるメッセージが表示されます。[はい] (大容量ディスク サポートを有効にする) と答えた場合は、512 MB を超えるパーティションがすべて FAT32 パーティションとしてマークされます。

Windows 98 と Windows Me には FAT32 への変換ツールも含まれており、これを使用して既存のドライブを FAT32 ファイル システムに変換できます。変換ツールを使用するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] を順にポイントして、[ドライブ コンバータ (FAT32)] をクリックします。
  2. [次へ] をクリックします。
  3. FAT32 ファイル システムに変換するドライブをクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. 画面の指示に従います。

サポート範囲

マイクロソフトは、リアル モードとプロテクト モードの両方で問題なく読み取りと保存ができることを目的として、FAT32 ファイル システムの機能をサポートしています。また、Windows 95 に付属するリアル モードおよびプロテクト モードのツールもサポートしています。

FAT32 ボリュームにインストールできない、または FAT32 ボリュームでのファイルの保存や読み取りが正しく行われないレガシ (古い) プログラムについては、ソフトウェア パッケージの製造元にお問い合わせください。

: FAT32 ファイル システムでは、最大 2 TB (テラバイト) までのハード ディスクをサポートしていますが、一部のハード ディスクでは、コンピュータの BIOS (Basic Input/Output System) の INT13 インターフェイスの制限により、7.8 GB を超えるブート可能なパーティションを作成できません。ハードウェアの製造元に問い合わせて、コンピュータの BIOS が新しい INT13 拡張をサポートしているかどうかを確認してください。FAT32 の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
253774 FAT32 ファイル システムに関してよく寄せられる質問
プロパティ

文書番号:154997 - 最終更新日: 05/21/2007 01:59:00 - リビジョン: 3.1

  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows 95
  • kbinfo dtssb kbfaq KB154997
フィードバック