Windows 95 Defrag.exe コマンド ライン パラメーター

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:155326
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
ここではコマンド ライン パラメーター Windows 95 では、ディスク デフラグ ツール (Defrag.exe) を一覧します。
詳細
Defrag.exe、ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスでかシステム エージェント内のファイルを開く行のどちらかで、次のコマンド ライン パラメーターを使用できる:
   /ALL          Defragment all local, non-removable drives.   /F            Defragment files and free space.   /U            Defragment files only.   /Q            Defragment free space only.   /P            System and hidden files will be optimized.   /CONCISE      Display the Hide Details view (Default).   /DETAILED     Display the Show Details view.   /NOPROMPT     Unattended mode; do not stop and display confirmation                 messages.   /PMIOCTL      Turns off use of the protected-mode IOCTL from                 Drvspacx.vxd.   /SAGESET:n    Display the System Agent-Aware Setting dialog box and                 store the settings in the SETn registry key.   /SAGERUN:n    Runs in unattended mode using the System Agent-aware                 settings in the SETn registry key.				
、次のスイッチで MS-DOS バージョン 6.x、有効なされません Windows 95 で有効です。 これらのスイッチを使用するとは無視されますが、エラー メッセージは生成されません:
   /SKIPHIGH   /LCD   /BW   /B   /GO				

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:155326 - 最終更新日: 02/13/2014 10:02:01 - リビジョン: 1.2

Microsoft Windows 95, Microsoft Plus!95 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbmt KB155326 KbMtja
フィードバック