現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[XADM] 一括インポート/エクスポートの FAQ

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP155414
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
概要
Microsoft Exchange 管理ツールには、メールボックス、カスタム受信者、および配布リスト (DL) をインポート/エクスポートする機能があります。この資料では、一括インポート/エクスポートに関する最も一般的な問題について説明します。
詳細
メールボックス データをエクスポートしても一部のデータ フィールドしかエクスポートされない
デフォルトでは、Microsoft Exchange 管理ツールは、メールボックス、カスタム受信者、または DL に関連付けられたデータ フィールドをすべてエクスポートするわけではありません。デフォルトでエクスポートされない特定のデータ フィールドをエクスポートするには、次の 2 つの方法があります。
  1. エクスポートするすべてのヘッダーを含むヘッダー ファイルを作成します。ヘッダー ファイルを作成するには、次の 2 つの手順を実行します。

    1. Microsoft Exchange Resource Kit に収録されている Header.exe プログラムを使用してエクスポートするデータ フィールドの名前を含むファイルを作成します。
    2. エクスポートするデータ フィールドを含むファイルを手動で作成します。


    オブジェクトに関連付けられたデータ フィールドをエクスポートするには、すべてのデータ フィールドの名前を含むファイルを作成する代わりに Microsoft Exchange Server CD-ROM のSupport\Samples\Csvs ディレクトリにあるサンプル ヘッダー ファイルを使用します。このディレクトリにはメールボックス、カスタム受信者、および DL のヘッダー ファイルを含むサブディレクトリがあります。対応する .CSV ファイルを CD-ROM からハード ドライブにコピーしてファイルの読み取り専用属性をオフにし、Microsoft Exchange 管理ツールで CD-ROM からコピーしたファイル名を指定して Export コマンドを実行します。Export コマンドは指定されたファイル内のすべてのヘッダーを読み込み、その属性をエクスポートします。
  2. オブジェクトに関連付けられたデータ フィールドをエクスポートするには、すべてのデータ フィールドの名前を含むファイルを作成する代わりに Microsoft Exchange Server CD-ROM のSupport\Samples\Csvs ディレクトリにあるサンプル ヘッダー ファイルを使用します。このディレクトリにはメールボックス、カスタム受信者、および DL のヘッダー ファイルを含むサブディレクトリがあります。対応する .CSV ファイルを CD-ROM からハード ドライブにコピーしてファイルの読み取り専用属性をオフにし、Microsoft Exchange 管理ツールで CD-ROM からコピーしたファイル名を指定して Export コマンドを実行します。Export コマンドは指定されたファイル内のすべてのヘッダーを読み込み、その属性をエクスポートします。
一括インポートを使用して属性を修正する方法
一括インポートを使用して、メールボックス、カスタム受信者、または DL に関連付けられた属性を修正できます。属性の値を修正するには、既存のデータを .CSV ファイルにエクスポートし、データ ファイル内で属性の値を変更し、そのファイルをインポートします。既存のすべてのオブジェクトは、新しい値に修正されます。
カスタム属性の値を修正する方法
各メールボックス、カスタム受信者、および DL には、管理者がカスタム データの指定に使用する 10 個のカスタム属性があります。これらのカスタム属性は、ディレクトリのインポート プログラムを使用して修正することもできます。10 個のカスタム属性には、"カスタム属性 1" から "カスタム属性 10" という名前が付いています。

メールボックスの特定のカスタム属性の値を変更するには、次の操作を行います (Custom Attribute 1 の場合)。
  1. Header.exe を使用して、必要なフィールドを指定したヘッダー ファイル (Cust.csv) を作成します。この中に Custom Attribute 1 を含める必要があります。
  2. Microsoft Exchange 管理ツールで、手順 1. で作成したヘッダー ファイルを指定して [ディレクトリのエクスポート] コマンドを実行します。これにより、データのあるヘッダー ファイルが生成されます。
  3. Microsoft Excel などの表計算ソフトを使用して、修正対象のヘッダー ファイルを編集します。[カスタム属性 1] 列の値を修正します。
  4. Microsoft Exchange 管理ツールで、手順 3. で修正したヘッダー ファイルを指定して [ディレクトリのインポート] コマンドを実行します。これにより、手順 2. でエクスポートしたすべてのオブジェクトの [カスタム属性 1] フィールドが修正されます。
カスタム属性にデータをインポートする際のエラー
カスタム属性にデータをインポートするとき、次のエラーが表示されます。
属性 Custom Attribute 1 は不明です。
このエラーは、カスタム属性 1 の名前が変更された場合に表示されることがあります。

正しいカスタム属性名を判定するには、次の操作を行います。
  1. Microsoft Exchange 管理ツールで、[設定] コンテナをダブルクリックします。
  2. DS サイト設定オブジェクトのプロパティを取得します。
  3. [カスタム属性] タブをクリックします。
  4. カスタム属性名が表示されます。このプロパティ ページで名前を変更することもできます。
一括インポートを使用してデータ属性をクリアする方法
Microsoft Knowledge Base の次の資料を参照してください。

152854XADM: Using Bulk Import to Remove Data

152727XADM: Importing Blank Value Won't Modify Mailbox Value
メールボックス情報をエクスポートしてもセカンダリ電子メール アドレスがエクスポートされない
デフォルトでは、セカンダリ電子メール (プロキシ) アドレスはエクスポートされません。これらのアドレスのエクスポート方法については、Microsoft Knowledge Base の次の資料を参照してください。

153028XADM: How to Export Multiple (Secondary) E-mail Addresses
153028[XADM] ディレクトリのエクスポートでセカンダリ電子メール アドレスを出力する方法
複数の電子メール アドレスをインポートする方法
Microsoft Knowledge Base の次の資料では、1 つのメールボックスに複数の電子メール アドレスを関連付ける方法について説明します。

148339XADM: How to Import Multiple SMTP Addresses
エクスポートの際、カスタム受信者がエクスポートされない
Microsoft Knowledge Base の次の資料では、ヘッダー フィールドしかエクスポートされない理由について説明します。

147854XADM: Custom Recipients DIR Export Creates Headers-Only CSV
バッチ モードでインポート/エクスポートを実行する方法
ディレクトリのインポート/エクスポートは、コマンド ラインから実行できます。したがって、バッチ プロセスの一部として実行できます。コマンド ラインからのインポート/エクスポートの実行の詳細については、『Microsoft Exchange 管理者ガイド』の 479 ~ 487 ページを参照してください。
使用する区切り文字を指定する方法
Microsoft Knowledge Base の次の資料を参照してください。

152472XADM: How to Specify a Tab or Space as Separator in .csv File
オプション ファイル内の ExportObject 項目が機能しない
Microsoft Knowledge Base の次の資料では、ExportObject の設定について詳しく説明します。

152300XADM: ExportObject in Command-Line Export Options File Only
コマンド ライン インポート プログラムを使用して GAL 全体をエクスポートする方法
Microsoft Knowledge Base の次の資料では、Microsoft Exchange 管理ツールを使用して、グローバル アドレス一覧 (GAL) のコマンド ライン ディレクトリ エクスポートを実行する方法について説明します。

149447XADM: How to Perform a Directory Export of the GAL
Exchange DL データを含む .CSV ファイルを Microsoft Excel で開くときの問題
Microsoft Excel では 1 つのセルに 255 文字までしか収めることができません。DL データを含む .CSV ファイルを開く場合、DL メンバーを収める [メンバー数] フィールドに 256 文字以上の文字が入っていることが多くあります。Microsoft Excel を使って .CSV ファイルのデータを修正する場合、255 文字より多くの文字があるフィールドは、ファイルを保存するときに切り詰められます。この結果、このデータを [ディレクトリのインポート] コマンドで Microsoft Exchange システムにインポートし直す際に問題が生じることがあります。大きな DL の場合、データのエクスポート時に存在したメンバーがすべて揃わなくなる可能性があります。また、このような DL にメールを送信するとエラーが発生することもあります。
サブコンテナをエクスポートする方法
Microsoft Exchange 管理ツールから [ディレクトリのエクスポート] コマンドを対話的に使用する場合、[ディレクトリのエクスポート] ダイアログ ボックスに [サブコンテナを含む] チェック ボックスが表示されます。このチェック ボックスをオンにすると、選択したコンテナのサブコンテナもエクスポートされます。

コマンド ラインからディレクトリ エクスポート プログラムを実行する場合、Export Options ファイルで次のように設定する必要があります。
      [Export]      Subcontainers=Yes
"オブジェクトを処理できません。"
.CSV ファイルからデータをインポートするとき、イベント ログに次のエラーが表示されることがあります。
イベント ID : 291
ソース : MSExchangeDSImp
種類 : エラー
分類 : なし
説明 :
"インポート行のフィールド数はヘッダー行のフィールド数と同じにする必要があるためオブジェクト TestUser を処理できません。10 が予測されました。8 が検出されました。"
エラー メッセージが示すように、.CSV ファイル内のデータが不完全な場合、このエラーが生成されます。つまり、ファイルのヘッダーに 10 個のフィールドが指定されている場合、ファイル内の各レコードにはフィールドが空であっても 10 個のデータ フィールドが必要です。この問題は、.CSV ファイル内の 1 行にカンマが欠けているだけで発生します。この問題は、Microsoft Excel でデータを表示しても検出できないこともあります。Microsoft Excel にはデータ区切り文字 (この場合はカンマ) は表示されないからです。メモ帳などのテキスト エディタを使用して、.CSV ファイルを更新する必要があります。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 155414 (最終更新日 1999-06-09) をもとに作成したものです。

faq
プロパティ

文書番号:155414 - 最終更新日: 03/30/2004 15:34:27 - リビジョン: 5.0

  • Microsoft Exchange Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.0 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
  • exc4 exc55 kbhowto kbusage xadm KB155414
フィードバック