Dumpchk.exe を使用してメモリ ダンプ ファイルを確認する方法

Support for Windows Server 2003 ended on July 14, 2015

Microsoft ended support for Windows Server 2003 on July 14, 2015. This change has affected your software updates and security options. Learn what this means for you and how to stay protected.

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP156280
Microsoft Windows XP については、次の資料を参照してください。315271
概要
Dumpchk は、メモリ ダンプ ファイルが正しく作成されたことを確認するために使用するコマンド ライン ユーティリティです。Dumpchk では、シンボルへのアクセスは不要です。

Windows 製品用のデバッグ ツールは、以下のマイクロソフトの Web サイトからダウンロードできます。Dumpchk は、以下の場所にあります。
  • Windows NT 4.0 の CD-ROM :
    Support\Debug\<Platform>\Dumpchk.exe
  • Windows 2000 の CD-ROM : CD-ROM の Support\Tools フォルダの Setup.exe を実行して、Support Tools をインストールします。デフォルトでは、Dumpchk.exe は Program Files\Support Tools フォルダにインストールされます。
詳細
Dumpchk には、以下のコマンド ライン スイッチがあります。
   DUMPCHK [options] <CrashDumpFile>     -? コマンドの構文を表示します。     -p ヘッダのみを印刷します (確認なし)。     -v 冗長モードを指定します。     -q クイック テストを実行します。Windows 2000 では使用できません。				
Windows 2000 版の Dumpchk.exe でのみ使用できる追加のスイッチを以下に示します。
    -c ダンプの検証を行います。    -x 追加のファイル検証を行います。処理には数分かかります。    -e ダンプのテストを行います。    -y <Path> ダンプ テスト用のシンボル検索パスを設定します。       シンボル検索パスが空白の場合は、CD-ROM       がシンボル用として使用されます。    -b <Path> ダンプ テスト用のイメージ検索パスを設定します。       シンボル検索パスが空白の場合は、<SystemRoot>\system32       がシンボル用として使用されます。    -k <File> カーネルの名前をファイルに設定します。    -h <File> HAL の名前をファイルに設定します。				
Dumpchk は、メモリ ダンプ ファイルからいくつかの基本情報を表示し、さらにファイル内のすべての仮想アドレスおよび物理アドレスを検証します。メモリ ダンプ ファイルにエラーが見つかった場合、Dumpchk はそれらを報告します。Dumpchk コマンドの出力例を以下に示します。
   Filename . . . . . . .memory.dmp   Signature. . . . . . .PAGE   ValidDump. . . . . . .DUMP   MajorVersion . . . . .free system   MinorVersion . . . . .1057   DirectoryTableBase . .0x00030000   PfnDataBase. . . . . .0xffbae000   PsLoadedModuleList . .0x801463d0   PsActiveProcessHead. .0x801462c8   MachineImageType . . .i386   NumberProcessors . . .1   BugCheckCode . . . . .0xc000021a   BugCheckParameter1 . .0xe131d948   BugCheckParameter2 . .0x00000000   BugCheckParameter3 . .0x00000000   BugCheckParameter4 . .0x00000000   ExceptionCode. . . . .0x80000003   ExceptionFlags . . . .0x00000001   ExceptionAddress . . .0x80146e1c   NumberOfRuns . . . . .0x3   NumberOfPages. . . . .0x1f5e   Run #1     BasePage . . . . . .0x1     PageCount. . . . . .0x9e   Run #2     BasePage . . . . . .0x100     PageCount. . . . . .0xec0   Run #3     BasePage . . . . . .0x1000     PageCount. . . . . .0x1000   **************   **************--> PsLoadedModuleList の完全性を検証します。   **************   **************   **************--> すべて確認の実行 (終了は ^C)   **************   **************   **************--> すべての物理アドレスの検証   **************   **************   **************--> すべての仮想アドレスの検証   **************   **************   **************--> このダンプ ファイルは正常です。   **************				
上記の出力結果のいずれかの部分にエラーがある場合、ダンプ ファイルが破損していて分析が実行できません。

この例では、(デバッグという面から見た) 最も重要な情報は、以下の部分になります。
   MajorVersion . . . . .free system   MinorVersion . . . . .1057   MachineImageType . . .i386   NumberProcessors . . .1   BugCheckCode . . . . .0xc000021a   BugCheckParameter1 . .0xe131d948   BugCheckParameter2 . .0x00000000   BugCheckParameter3 . .0x00000000   BugCheckParameter4 . .0x00000000				
この情報により、発生した Kernel STOP エラー コード、およびある程度までですが使用された Windows のバージョンを特定できます。

この資料の情報は、Windows NT リソース キットからの抜粋です。Dumpchk.exe およびその他のデバッグ ユーティリティの詳細については、Windows NT 3.51 リソース キット Update および Update 2 の「付録 A」を参照してください。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119490 クラッシュ ダンプ ファイルをチェックして破損を見つける
prodnt
プロパティ

文書番号:156280 - 最終更新日: 11/29/2005 08:58:33 - リビジョン: 5.2

Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Datacenter Server, Microsoft Windows NT Workstation 3.5, Microsoft Windows NT Workstation 3.51, Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition, Microsoft Windows NT Server 3.5, Microsoft Windows NT Server 3.51, Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition

  • kbnetwork KB156280
フィードバック