現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

RAS 接続ログオンした後アクティブにする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

158909
概要
Windows リモート アクセス サービス (RAS から) ログオフするとクライアントは、任意の RAS 接続が自動的に切断されます。ままにするにはログオフした後接続されている、KeepRasConnections キーで有効にできます。レジストリの RAS クライアント。

メモ: この現象は、異なる Windows NT 4.0 より前のバージョンの RAS の Windows NT です。ローカル コンピューターからログオフすると以前のバージョンの Windows NT 残ります接続。
詳細
重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法

ログオフ時に RAS の動作を変更するには、値を変更、次のレジストリ キー:
HKLM\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
KeepRasConnections REG_SZ
範囲: 0 または 1
デフォルト値: 0 (無効)
この変更を行った後、コンピューターを再起動する必要があります。

既定では、ログ記録をオフにすると、すべての RAS 接続のウィンドウを閉じますセッション中に開いた。このレジストリ キーの値が追加され、設定場合1 システムの RAS 接続をログを無効にすると閉じられません。これこれを追加しない限り、レジストリ キーの値は、レジストリには表示されません。

メモ 変更すると、
KeepRasConnections
RAS クライアントからログオフした後接続を維持するのには、レジストリ キー Windows Vista ではサポートされていません。"
エラー ログオフ切断ログオン ログ継続

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:158909 - 最終更新日: 07/04/2011 07:34:00 - リビジョン: 4.0

  • kbhowto kbnetwork kbmt KB158909 KbMtja
フィードバック