現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

セットアップ中に "Stop: 0x0000001E" エラー発生

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP161703
概要
Windows では、問題が発生するとブルー スクリーンにバグ チェック コードが表示されます。これらのコードは問題を解決する手助けになります。
詳細
STOP 0x1E コードは一般的なバグ チェック コードです。例外アドレスは通常、問題の原因である特定のドライバまたは関数を示します。このアドレスだけでなく、このアドレスを含むドライバまたはイメージのリンク日時も書き留めておくことをお勧めします。この情報は、マイクロソフトに問い合わせる必要が生じた場合にサポート エンジニアの助けとなります。

STOP: 0x0000001E (0x80000003, 0xBFC0304, 0x0000000, 0x0000001)[バグ チェック コード] ([1st],      [2nd],     [3rd],     [4th])

パラメータの定義
1st = ハンドルされなかった例外コード
2nd = 例外が発生したアドレス
3rd = 例外のパラメータ 0
4th = 例外のパラメータ 1
Intel ベースではないコンピュータで例外のアドレスが 0xBFC0304 の場合、バグ コードは CPU のキャッシュ パリティ エラーの結果です。問題が頻繁に発生する場合は、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。

考えられる原因と回避策

STOP 1E メッセージは Windows のセットアップ中に初めて再起動した後、またはセットアップが完了した後に発生することがあります。この問題の考えられる原因を以下に 3 つ示します。
  1. インストールに必要な空きディスク領域の不足
  2. サード パーティのビデオ ドライバ (および Windows Win32k.sys ドライバ)
  3. システム BIOS の非互換性
この問題を解決するには、以下のうち適切な方法を実行します。
  1. 空きディスク領域が少ない場合は、ほかのハード ディスクに再インストールします。
  2. サード パーティのビデオ ドライバを削除します。
  3. システム BIOS をアップグレードします。
この問題はそれほど頻繁には発生しません。繰り返し発生する場合には、デバッガが接続されており、コンピュータが /debug スイッチを使用して起動されていることを確認します。詳細については、次の「サポート技術情報」の資料を参照してください。
文書番号 :148954
タイトル : How To Set Up A Remote Debug Session Using A Modem
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 161703 (最終更新日 2001-10-05) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:161703 - 最終更新日: 09/07/2004 02:15:00 - リビジョン: 2.1

  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • kbtshoot kbhardware kbsetup kbhw kbfaq KB161703
フィードバック