現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ASP から SQL Server のストアド プロシージャを呼び出す方法

サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
概要
Microsoft Visual Basic .NET については、次の資料を参照してください。306574
この資料では、ADO (ActiveX Data Objects) を使用して、Active Server Pages からストアド プロシージャを呼び出す方法を 3 とおり紹介します。
詳細
次の例では、Command オブジェクトを使用して、サンプルのストアド プロシージャ sp_test を呼び出しています。このストアド プロシージャは整数を受け付け、整数の戻り値を返します。
   <%@ LANGUAGE="VBSCRIPT" %>   <!--#include virtual="/ASPSAMP/SAMPLES/ADOVBS.INC"-->   <HTML>   <HEAD><TITLE>Place Document Title Here</TITLE></HEAD>   <BODY>   This first method queries the data source about the parameters   of the stored procedure. This is the least efficient method of calling   a stored procedure.<BR>   <%   Set cn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")   Set cmd = Server.CreateObject("ADODB.Command")   cn.Open "data source name", "userid", "password"   Set cmd.ActiveConnection = cn   cmd.CommandText = "sp_test"   cmd.CommandType = adCmdStoredProc   ' Ask the server about the parameters for the stored proc   cmd.Parameters.Refresh   ' Assign a value to the 2nd parameter.   ' Index of 0 represents first parameter.   cmd.Parameters(1) = 11   cmd.Execute   %>   Calling via method 1<BR>   ReturnValue = <% Response.Write cmd.Parameters(0) %><P>   <!-- ************************************************************ -->   Method 2 declares the stored procedure, and then explicitly declares   the parameters.<BR>   <%   Set cn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")   cn.Open "data source name", "userid", "password"   Set cmd = Server.CreateObject("ADODB.Command")   Set cmd.ActiveConnection = cn   cmd.CommandText = "sp_test"   cmd.CommandType = adCmdStoredProc   cmd.Parameters.Append cmd.CreateParameter("RetVal", adInteger, _      adParamReturnValue)   cmd.Parameters.Append cmd.CreateParameter("Param1", adInteger, _      adParamInput)   ' Set value of Param1 of the default collection to 22   cmd("Param1") = 22   cmd.Execute   %>   Calling via method 2<BR>   ReturnValue = <% Response.Write cmd(0) %><P>   <!-- ************************************************************ -->   Method 3 is probably the most formal way of calling a stored procedure.   It uses the canocial   <%   Set cn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")   cn.Open "data source name", "userid", "password"   Set cmd = Server.CreateObject("ADODB.Command")   Set cmd.ActiveConnection = cn   ' Define the stored procedure's inputs and outputs   ' Question marks act as placeholders for each parameter for the   ' stored procedure   cmd.CommandText = "{?=call sp_test(?)}"   ' specify parameter info 1 by 1 in the order of the question marks   ' specified when we defined the stored procedure   cmd.Parameters.Append cmd.CreateParameter("RetVal", adInteger, _   adParamReturnValue)   cmd.Parameters.Append cmd.CreateParameter("Param1", adInteger, _     adParamInput)   cmd.Parameters("Param1") = 33   cmd.Execute   %>   Calling via method 3<BR>   ReturnValue = <% Response.Write cmd("RetVal") %><P>   </BODY>   </HTML>				
上記の例では、Command オブジェクトの Parameters コレクションにアクセスするために、さまざまな方法が使用されています。Command オブジェクトのデフォルト コレクションを使用する方法や、アクセスする特定のコレクションのプロパティを指定する方法が使用されています。
関連情報
Visual InterDev および Active Server Pages に関する「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の最新資料およびその他のサポート情報については、マイクロソフトの「サポート オンライン」サイトの次のページを参照してください。
プロパティ

文書番号:164485 - 最終更新日: 09/08/2006 06:44:32 - リビジョン: 4.0

Microsoft Active Server Pages 4.0, Microsoft ActiveX Data Objects 2.0, Microsoft ActiveX Data Objects 2.1 Service Pack 1, Microsoft ActiveX Data Objects 2.1 Service Pack 2, Microsoft ActiveX Data Objects 2.5, Microsoft ActiveX Data Objects 2.6, Microsoft ActiveX Data Objects 2.7

  • kbcode kbdatabase kbhowto kbsample kbscript KB164485
フィードバック
p;t=">