情報: OLE DB アプリケーションで接続がプールを有効にする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:166083
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
ここでは、OLE DB アプリケーション プールの ODBC 接続を有効にする方法について説明します。
詳細
OLE DB アプリケーションは、ODBC 接続プーリングの OLE DB アプリケーションが、OLE DB プロバイダーを使って ODBC 用いる場合にできます。 ODBC プロバイダーを使用する OLE DB アプリケーションは、ODBC プロバイダーが内部データの操作を実行するには、ODBC API を呼び出すため、ODBC アプリケーションのようには。

ODBC プロバイダーは、OLE DB アプリケーションが接続プールを有効にするように任意のプロパティを公開されません。 接続プーリングを有効にするために、OLE DB アプリケーションに ODBC プロバイダーを使用する前にプールの接続を ODBC API を使用して必要なです。 接続プーリングは、プロセス レベルの属性であるため接続プーリング ODBC プロバイダー経由で行われる以降の接続を使用するされます。

次のコードは方法、OLE DB アプリケーションできる接続プールを示しています:
   SQLAllocEnv(&henv);   //enable connection pooling      SQLSetEnvAttr(         NULL,         SQL_ATTR_CONNECTION_POOLING,         (SQLPOINTER)SQL_CP_ONE_PER_DRIVER,         SQL_IS_INTEGER);   SQLAllocConnect(henv,&hdbc);   // connect to the OLE DB ODBC provider         OleInitialize(NULL);...      hr = CoCreateInstance( CLSID_MSDASQL, NULL, CLSCTX_INPROC_SERVER,         IID_IDBInitialize, (void **)&pIDBInit );...      CoUninitialize();   //finish OLE DB stuff     SQLFreeConnect(hdbc);     SQLFreeEnv(henv);   //disable connection pooling      SQLSetEnvAttr(         NULL,  // make process level cursor pooling         SQL_ATTR_CONNECTION_POOLING,         (SQLPOINTER)SQL_CP_OFF,         SQL_IS_INTEGER);				
viper ASP プール ADO

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:166083 - 最終更新日: 12/04/2015 16:41:57 - リビジョン: 2.0

Microsoft ODBC 3.0, Microsoft OLE DB 1.1

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbprogramming kbmt KB166083 KbMtja
フィードバック