インポートして、Outlook では書式なしテキストをエクスポートする、[OL97]。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:167337
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料で使用する方法、Microsoft Outlook 97 のインポート/エクスポート ウィザードを Outlook にテキスト データをインポートおよびテキスト ファイルに Outlook データをエクスポートについて説明します。

Outlook に用意されているコンバーターほかのプログラムの形式直接に一致しない場合は、テキスト ファイルの使用が役立ちます。 ほとんどのプログラムは、エクスポートし、使用できるように、多くの場合、テキスト ファイル、共通のファイル形式としてエクスポートを Outlook にデータをインポート テキスト ファイルをインポートできます。
詳細
Outlook のインポート/エクスポート ウィザードできるインポート、および、次のテキスト データをエクスポートします。
コンマ区切り値 (MS-DOS) カンマ区切り値 (Windows)] タブ (MS-DOS) の値の区切り] タブ (Windows) の値のテキスト

Windows と MS-DOS

データで使用されるテキストの文字セットに基づいて、MS-DOS または Windows のコンバーターを使用するという決定に設定します。 ASCII は、多くの MS-DOS プログラムによって使用される文字セットをあり、ANSI は、多くの Windows プログラムによって使用される文字セット。 ASCII と ANSI の最大の違いは、上位の 128 文字は、下位 128 文字が同じ。 上位 128 文字は拡張文字と呼ばれる多くの場合。 拡張 ASCII 文字は ANSI の拡張文字が各国語の文字および公開の記号に線の描画文字を含めます。

ダイアログ ボックスのタブとコンマ

個別に使用する文字 (区切り記号) の各フィールドにデータにコンマを使用またはタブで区切られたコンバーターするかどうかを判断します。 Microsoft Word 97/98年で、データを開くし、各フィールド間のカンマを表示し、データはコンマです。 カンマで区切って値が呼ば CSV ファイル。 場合はカンマ (,) ではなく、フィールド間にスペースが表示し、データが区切られたいずれかのタブまたはスペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータ フィールドを使用します。 Outlook のタブは、フィールド間をタブ文字が検索されますコンバーターを区切ります。 Word 97/98年で、[表示/非表示] オプションを選択できます; 右を指す矢印の先端のタブおよびスペース文字は点線として表示されます。

注: 保存しない、ファイルを Word 文書として Word では異なるファイル形式を使用して後します。

書式なしテキストのインポート

次のテキスト ファイルからデータをインポートする手順に従います。
  1. [ファイル] の [インポートおよびエクスポートする」のインポートとエクスポート ウィザードを開く] をクリックします。
  2. 「の選択、アクションを実行するために、」で Schedule + または別のプログラムまたはファイルからインポート] をクリックして、[次へ] をクリックします。
  3. "選択ファイルの種類からインポートする] [ファイルの種類、データに一致する選択を [次へ] をクリックします。
  4. インポート、または [参照のファイルに移動して次へ] をクリックしファイルのパスとファイル名を入力で「ファイルをインポートする」。
  5. "宛先の選択] フォルダーでインポートして [次へ] をクリックするフォルダーをクリックします。
  6. フィールド マップ方法、テキスト データのコピー先フォルダー フィールドに、それ以外の場合は [完了] をクリックする場合、ユーザー設定フィールドのマップをクリックします。

テキスト データのエクスポート

  1. [ファイル] メニューの [インポートとエクスポートのインポートとエクスポート ウィザードを開く </a0>] をクリックします。
  2. 「の選択、アクションを実行するために、」で「ファイルにエクスポート」をクリックして、[次へ] をクリックします。
  3. 「選択フォルダーからエクスポートする、」でエクスポートして [次へ] をクリックするフォルダーをクリックします。
  4. 「エクスポートするファイルの種類、」でのクリックし、[次へ] をクリックしてエクスポート ファイルの形式を選択します。
  5. エクスポートの対象し、[次へ] をクリックして、ファイルのパスとファイル名前を入力で「エクスポート ファイルとして」、します。
  6. フィールド マップ方法フォルダーからテキスト ファイルに、それ以外の場合は [完了] をクリックする場合、ユーザー設定フィールドのマップ] をクリックします。
関連情報
インポートしエクスポート、Office アシスタントで インポート エクスポート を入力できますファイルの種類の詳細については、検索] をクリックし、「ファイルの種類をインポートまたは Outlook からエクスポートしますできます」を参照、

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:167337 - 最終更新日: 01/30/2014 07:14:10 - リビジョン: 1.1

Microsoft Outlook 97 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbexport kbimport kbmigrate kbfaq kbmt KB167337 KbMtja
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)