DNS エイリアス レコードの作成

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料では、ドメイン ネーム サービス (DNS) エイリアス レコードが必要な理由、およびその作成方法について説明します。
詳細
DNS ホスト名以外の名前を使用して、サーバー (またはホスト) にアクセスできると便利な場合があります。

たとえば、次のような DNS 構成のアプリケーション サーバーがあるとします。
   ホスト名    ドメイン名   ---------   -------------   myserver    mydomain.com

そのサーバーは WWW サーバーとしてもセットアップ済みで、インターネットまたはイントラネットのブラウザからその Web ページにアクセスできます。 ユーザーには myserver.mydomain.com ではなく、www.mydomain.com という名前を指定して、その Web サーバーにアクセスしてもらいたいとします。

これを実現するには、エイリアス (または正規名) レコードを DNS サーバーに追加する必要があります。

DNS サーバーの mydomain.com ゾーンの下には、既に次のレコードが存在している必要があります (IPAddress はサーバーの IP アドレスです)。
   Myserver   A   <IPAddress>

mydomain.com ゾーンに、次のレコードを追加する必要があります。
   www   CNAME   myserver.mydomain.com

DNS サーバーは名前を検索し、"CNAME" レコードを見つけると、その名前を正規名で置き換え、新しい名前 (この場合 www.mydomain.com) を検索します。

関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 168322 (最終更新日 2002-10-09) を基に作成したものです。
canonical
プロパティ

文書番号:168322 - 最終更新日: 12/04/2015 16:57:30 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbnetwork KB168322
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)