クラスターでは、Microsoft Cluster Server のログ機能を有効にする方法

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:168801
概要
サーバー クラスターは、エラーとイベントをシステム イベント ログにログオンします。オンにし、クラスター サービスの高度なトラブルシューティング「Cluster.log」をという名前のテキスト ファイルについての詳細ログを構成できます。
詳細
既定では、Windows 2000 以降ではクラスター ログを有効にします。Windows NT 4.0 サーバー クラスターでクラスター ログ機能を有効にするには、次のシステム環境変数を設定する必要があります。

システム環境変数を設定するには、次の手順を実行します。
  1. コントロール パネルの [システム] ツールで、[環境] タブをクリックします。
  2. システム環境変数] ウィンドウ内のエントリをクリックします。
  3. 変数のテキスト ボックスをオフにする] をクリックします。
  4. タイプ ClusterLog [変数] ボックスで、次のように入力します。パス\cluster.logのボックスをクリックし、設定をします。パス ドライブと ClusterServer のログ ファイルを格納するフォルダーです。

    : Windows 2000 およびそれ以降の is%SystemRoot%\Cluster で推奨される既定のパスです。たとえば、C:\WinNT\Cluster\Cluster.log です。
  5. タイプ ClusterLogLevel [変数] ボックスで、値を入力します (値の一覧に依存) の [] ボックスで追加して、[設定] をクリックします。

    [値] ボックスに入力した値は、どのようなログ機能を Clusterservice の実行を決定します。次の値のいずれかを入力することができます。
    • 0= ログ出力なし
    • 1= エラー ログに記録
    • 2= エラーと警告
    • 3= すべての発生
    :「CLUSTERLOGLEVEL 変数定義だけ出力スクリーンに/debugスイッチを使用してクラスター サービスを起動するとします。Cluster.logfile の内容には影響しません。
  6. [OK] をクリックします。
  7. 変数を正しく読み取るためにクラスター サービスには、コンピューターを再起動します。
入力することができます。 セット ことを確認するのにはコマンド プロンプトでは、コンピューターを再起動した後、変数が正しく入力します。

: 入力することも ユーザー環境変数で、[環境] ダイアログ ボックスです。

既定では、クラスター ログは最大サイズは 8 メガバイト (MB) に設定します。クラスター ログには、最大サイズに達すると、ログ ファイルの最初の半分を削除することによって切り捨てられ、ログ ファイルの最後の半分にデータをログ ファイルの先頭に移動します。到達するまでの最大サイズも、もう一度それを切り捨てる場合は、ログ ファイルを入力し、続行されます。

: クラスター ログのデータが 64 KB のチャンク単位で移動します。ログ ファイルから最初の 64 KB のかたまりは削除され、ログ ファイルの途中のポイントは、ログの先頭に移動した後は、最初の 64 KB のかたまりです。ログ ファイルから 2 番目の 64 KB のかたまりを削除し、ログ ファイル内の半分の方法ポイントの後は、2 番目の 64 KB のかたまりがログの先頭にある 2 つ目 64 KB に移動します。ログが最大の半分のサイズになるまで、このプロセスが続行されます。このプロセスの間は、クラスター サービスは、追加のログ エントリをバッファーし、に記録、ログの切り捨てが完了するとします。

デフォルトの 8 MB から最大ログ サイズを大きくには別のシステム環境変数 CLUSTERLOGSIZE の値は mb 単位で追加することによって。「Clusterlogsize」値 10 に設定すると、クラスター ログの最大サイズが 10 MB です。ログの最大サイズを変更した後のみ、変更を有効にクラスター サービスを再起動する必要があります。

CLUSTERLOGOVERWRITE システムの環境変数を設定することも (0 = 無効、1 = 有効)。この設定を定義すると、クラスター サービスを起動すると"Cluster.log.bak"をという名前のファイルを既存 Cluster.log ファイルをコピーします。、新しい Cluster.log ファイルを作成し、それをログに記録します。このスイッチを使用して、クラスター ログのイベント ログとログのサイズを小さくするのに長い記録を保持できます。これは、ため、問題を識別しやすい、ことができます。ただし、注意が必要、サービスが起動するたびに新しいログが作成されるため、このオプションを使用するとします。クラスター サービスが起動し、短時間でもう一度停止して、これが複数の新しいログを作成し、長期的な履歴が失われる可能性があります。

次の表は、クラスター ログ環境変数と Windows 2000 Server では、その効果について説明します。
変数既定値効果
ClusterLog%SystemRoot%\Cluster\Cluster.logクラスター ログ ファイルの作成場所のパスを定義します。
「Clusterlogsize」8ログの最大サイズを mb 単位で定義します。
ClusterLogOverwrite0新しいクラスター ログは、サービスの開始時に作成する場合を定義します。
ClusterLogLevel2定義方法、デバッグ モードで詳細ログが表示されます。
メモ: Windows Server 2003 で環境変数を使用する必要はありません。
クラスター loggingmscs

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:168801 - 最終更新日: 06/11/2016 19:01:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition

  • kbclustering kbhowto kbsetup kbmt KB168801 KbMtja
フィードバック