[WD97]: により、高速保存オプションが既定で選択されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

170406
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
高速保存 のオプションの変更、ハード ディスク ファイル全体を保存中に書き換えではなく上のファイルの末尾に追加して文書をすばやく保存する Word 97 を使用する操作。 あるため、 バックグラウンド保存 のオプションは、Word 97/98年に追加された、 高速保存 オプションはありません長い必要に応じて、ため、保存操作がバックグラウンドで発生します。
詳細
オンまたは 高速保存 オプションをオフにするに、次の手順に従います。
  1. [ ツール ] メニューの [ オプション ] をクリックします。
  2. [ 保存 ] タブをクリックします。
  3. [を選択または [ 高速保存 ] チェック ボックスをオフにします。
  4. [ OK] をクリックします。
高速保存 ] オプションの変更は、もう一度変更するまで有効です。
関連情報
高速保存の詳細については、次の記事「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
111277[WD ドキュメント ファイルのサイズに変更が小さい他かが必要ですが

89247操作方法 Word for Windows に使用して [WD97]: 一時ファイル
高速保存の詳細については、[Office アシスタント] を"fastsave、"を入力して、トピックのいずれか [検索] をクリックします。

注: アシスタントが非表示になっている、[Office アシスタント] ボタン、[標準] ツールバーの (をクリックします。 Word のヘルプがコンピューターにインストールされません、ください「以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
120802支社: 方法、単精度浮動小数点型 (Single の Office プログラムまたはコンポーネントを追加または削除します
SR1 release1 8. 0 の 8

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:170406 - 最終更新日: 02/03/2014 14:05:16 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Word 97 Service Pack 1
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbusage kbmt KB170406 KbMtja
フィードバック