レポートを縮小でき、拡張を作成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:170838
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
詳細は、次の項目を参照してください。 エキスパート コーディング、相互運用性、およびマルチユーザーのスキルが必要です。

概要
レポートの詳細セクションは、拡張したりを [Yes/はい] に、"CanGrow/印刷時拡張"および"CanShrink/印刷時縮小"プロパティを設定した場合、垂直方向に縮小できます。 ただし、ライン コントロールないこれらのプロパティとできません、拡張もしくはと詳細セクションを縮小します。 ここでは、Line メソッドを使用して拡張および詳細セクションは圧縮が可能な線を描画する方法について説明します。

この資料は、Visual Basic for Applications や、Microsoft Access 付属のプログラミング ツールによる Microsoft Access アプリケーションの作成に精通しているユーザーを対象としています。 アプリケーションの Visual Basic の詳細についてはバージョンの Microsoft アクセスと作成アプリケーション」のマニュアルを参照してください。

注 : Visual Basic for Applications は、Microsoft Access version 2.0 では Access Basic と呼ばれています。 Access Basic の詳細については、『Building Applications』 マニュアルを参照してください。
詳細
Line メソッドは、2 つの座標のセットを受け入れます。 最初のセット (X 1, Y1) は、線の開始点である位置の左上決定します。 2 番目のセット (X 2, Y2) 下右位置には、線の終点を決めます。 垂直方向の直線の X1 および X2 引数は常に同じ値を持つ、左側の行の余白までの方法が印刷されるため、これらの引数を指定します。 ただし、垂直方向の直線の Y1 と Y2 引数の値が異なるし、その差は行の高さを指定します。

レポートの詳細セクションできる拡張またはさまざまなサイズに縮小、ため Y2 引数が、詳細セクションの予想最大高さより大きい値に設定できます。 したがって、線は、詳細セクションの高さよりも短いしないです。

注: Microsoft Access がコントロールまたはセクションの高さを 22 インチの制限。 Y2 引数を 22 インチより大きい値に設定しようとした場合は、オーバーフロー エラーを受け取ります。 場合は、詳細セクションは 22 インチを超えるの拡大、Microsoft Access はセクションの残りの線を描画できません。

次の手順では、プログラムで、レポートの詳細セクションに、線を描画し、セクションと同じ高さを簡単、線メソッドを使用する手順をデモンストレーションします。
  1. サンプル データベース Northwind.mdb (または NWIND.MDB バージョン 2. 0) を開き、[社員] テーブルに基づいた、空白の新しいレポート作成します。
  2. レポートの幅のプロパティに 5 を設定します。
  3. メニューの表示] をクリックして並べ替え/グループ化します。 [並べ替え/グループ化] は、次を入力し、それを閉じます。
          Field/Expression: EmployeeID (Or Employee ID in Microsoft Access 2.0)      Sort Order: Ascending      Group Header: Yes						
  4. フィールド リストが表示されていない場合、表示する [表示] メニューの [フィールド リストをクリックして、レポートの詳細セクションにメモ] フィールドには、フィールド リストからドラッグします。
  5. ラベルを選択して DELETE キーを押すには、ノートのテキスト ボックスのラベルを削除します。
  6. 次にメモのテキスト ボックスのプロパティを設定します。
          Name: Notes      ControlSource: Notes      CanGrow: Yes      CanShrink: Yes      Left: 0.2 in      Top: 0.166      Width: 4.6042 in      Height: 0.166 in						
  7. レポートの詳細セクションを選択する水平詳細バーを選択します。 次のプロパティの詳細セクションを設定します。
          CanGrow: Yes      CanShrink: Yes      Height: 0.5 in.						
  8. 次のイベント プロシージャには、詳細セクションの"OnPrint/印刷時"プロパティを設定します。
           Private Sub Detail_Print(Cancel As Integer, PrintCount As Integer)          Dim X1 As Single, Y1 As Single          Dim X2 As Single, Y2 As Single          Dim Color As Long          ' Specify unit of measurement for coordinates on a page...          Me.ScaleMode = 5 ' Specify that measurement occur in inches.          ' Set line to print 5 inches from the left margin.          X1 = 5          X2 = 5          ' Set line to print from the top of the detail section          ' to a maximum height of 22 inches.          Y1 = 0          Y2 = 22          Me.DrawWidth = 8 ' Width of the line (in pixels). Note: Some printers do not accept odd numbers.          Color = RGB(0, 0, 0)  ' Use black line color.          ' Draw the line with the Line method.          Me.Line (X1, Y1)-(X2, Y2), Color       End Sub						
  9. レポートをプレビューします。 [メモ] フィールドの右側に垂直線の高さが、詳細セクションの高さと同じことを確認します。
関連情報
レポートで線の方法については、「行メソッド」のヘルプ キーワード検索します。

Line メソッドを使用して四角形を描画する方法については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
124642縮小し、レポートに四角形を拡張する方法

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:170838 - 最終更新日: 12/04/2015 17:18:43 - リビジョン: 2.2

Microsoft Access 2.0 Standard Edition, Microsoft Access 95 Standard Edition, Microsoft Access 97 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbcode kbmt KB170838 KbMtja
フィードバック