マイクロソフトが Exchange Mailbox Merge プログラム (Exmerge.exe) について

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP174197
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:174197
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Microsoft Exchange Mailbox Merge プログラム (Exmerge.exe) Exchange Server 管理者、Exchange Server のコンピューター上のメールボックスからデータを抽出し、このデータは、Exchange Server を実行している別のコンピューター上の同じメールボックスにマージすることができます。Exchange Server 4.0、5.0、および 5.5 バージョンのこのプログラムは、Microsoft BackOffice リソース キットの第 2 版が含まれます。Exchange 2000 Server CD の Support\Utils\I386\Exmerge フォルダーには、Exchange 2000 Server バージョンの Exmerge が含まれます。

Exmerge ユーティリティを実行するには、Exmerge.exe、Exmerge.ini ファイルを CD から exchsrvr \bin フォルダーに、サーバーのハード ドライブにコピーし、.exe ファイルを実行する必要があります。

Exmerge.exe をソース サーバーから個人用フォルダー (PST) にデータをコピーします。ファイルし、個人用フォルダーにデータを結合、転送先サーバー上のメールボックス。

メモ フロント エンド サーバーにメールボックス ストアがあるないため、フロント エンド サーバー上で Exmerge を使用できません。また、Exmerge では、フロント エンド サーバーにマウントされている、回復用ストレージ グループに使用できません。

プログラムは 2 つの操作モードがあります: 1 つのステップと 2 つのステップ。

1 回のステップ モードでは、プログラム データは、移動元のメールボックスからの pst ファイルにコピーします。同じメールボックスに、PST ファイル内のデータを結合し、コピー先サーバー。この場合は、転送先サーバー上のメールボックス同じメールボックス名と同じコンテナー パスする必要があります。は、識別名 (DN)、転送先サーバー上のメールボックスのあります。組織とサイト名の DN に置き換えることによって取得された、メールボックスのソース サーバーが、組織名とサイト名の上にコピー先サーバー。

2 回のステップ モードでは、ユーザーはデータを PST にコピーすることもファイル、または PST ファイルのデータをサーバーにマージします。

このプログラムが正常に機能するのには、ユーザー ログオンする必要があります。Exchange サービス アカウントの Microsoft Windows NT にします。これではない場合Windows NT、現在のアカウントのすべての権限が必要メールボックスの結合を選択します。

ログ ファイル C:\Exmerge.log が含まれていると呼ばれるプログラムを作成します。操作中に発生したエラー。

このプログラムの Exchange Server 4.0、5.0、および 5.5 バージョンは、Windows NT Server 4.0 またはそれ以降のみ実行できます。Exchange 2000 Server バージョンのこのプログラムは、以降では、Microsoft Windows 2000 Server のみ実行できます。

このプログラムを実行する前に、確認、Microsoft Outlook クライアントでは、Microsoft Exchange 管理ツールがインストールされている、Exmerge.exe を実行するコンピューターを指定します。

メモ Exchange サーバー上で Outlook をインストールしないことをお勧めします。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
番号 266418Microsoft インストール Exchange Server のコンポーネントと同じコンピューター上の Outlook をサポートしていません
プログラムを起動するには、Exmerge.exe プログラムをダブルクリック、Windows NT エクスプ ローラー。

このバージョンの Exmerge.exe はユーザーのフォルダーとメッセージを結合します。その受信トレイのルール、フォーム、および schedule + のデータはサポートされていません。Exmerge.exe は Outlook の予定表と連絡先をマージします。

メッセージのコピーは、シングル ・ インスタンス ・ ストレージが失われ、これが発生する可能性があります。Exchange プライベート インフォメーション ストアのサイズ大幅に増加します。
詳細
Exmerge.exe をダウンロードするのには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
インフォメーション ストアが起動しないときに Exmerge.exe を使用するには、実行、次の手順します。

メモ: 仮定 SERVERP と別のテスト、本番サーバと呼びますサーバー SERVERT と呼びます。
  1. 新しい (空の) インフォメーション ストア SERVERP で exchsrvr mdbdata ディレクトリ内のすべてのファイルを移動することを作成します。これは、インフォメーション ストア サービスを開始することができます。
  2. 復元するか、SERVERT から、古いインフォメーション ストアを復元します。
  3. SERVERP でインフォメーション ストア サービスを停止します。
  4. SERVERT でインフォメーション ストア サービスを停止します。
  5. SERVERT では、exchsrvr mdbdata ディレクトリを Mdbdata.old に変更します。
  6. SERVERT で、\mdbdata と呼ばれる新しいディレクトリを作成します。
  7. SERVERP で、exchsrvr mdbdata ディレクトリを Mdbdata.new に変更します。
  8. SERVERP で \mdbdata と呼ばれる新しいディレクトリを作成します。
  9. SERVERP では、Exchsrvr\Mdbdata.new ディレクトリから priv.edb ファイルと Pub.edb ファイルを SERVERT の exchsrvr mdbdata ディレクトリに. します。
  10. SERVERT では、Exchsrvr\Mdbdata.old ディレクトリから priv.edb ファイルと Pub.edb ファイルを SERVERP の exchsrvr mdbdata ディレクトリに. します。したがって、2 台のサーバーで Priv.edb および Pub.edb ファイルをスワップしました。
  11. SERVERP を実行します。 Isinteg-修正プログラム.
  12. SERVERT を実行します。 Isinteg-修正プログラム。
  13. 今すぐに SERVERT からすべてのデータをマージするのには、Exmerge プログラムを実行します。SERVERP で。
サーバー上のメールボックスを取得に問題がある場合は、次の操作を行います。
  1. サーバー名を確認してください。
  2. 組織名とサイト名を確認してください。
  3. ディレクトリとインフォメーション ストアが実行ことを確認してください、サーバーです。また、メールボックスのサイズを取得するため、Exmerge プログラムは、インフォメーション ストアからメールボックスの一覧を取得します。
  4. 表示されている一覧 Exchange Server のコンピューター上のすべてのメールボックスを含めることはできません。メールボックスにはログオンしていますいいえがあります。 インフォメーション ストア オブジェクトです。したがって、これらのメールボックスではないです。検出されました。秘密のメールボックスのリソース] を表示するときこの現象も Exchange Server 管理者プログラムで認識します。インフォメーション ストアします。この問題を回避するにログオンするには、クライアントを交換し、そのサーバー上のすべてのメールボックスに電子メール メッセージを送信します。これは、インフォメーション ストアのすべてのメールボックスにメールボックス オブジェクトが作成されます。(ここには、Exchange 4.0、5.0、5.5、Exchange 2000 に適用されます)

エラー メッセージ

次のエラー メッセージが Exmerge.log に記録されます。
メッセージ サービス (MSEMS) の構成エラー
ある場合、このエラー メッセージを生成できますなし ディレクトリ オブジェクトは、インフォメーション ストア内のメールボックス オブジェクトを返します。

確認する、 メールボックスのリソース] ページのプライベート情報ストアの管理者プログラムで、および、メールボックスのリソース] で表示されるメールボックスに対してディレクトリ オブジェクトが存在することを確認します。 ディレクトリ オブジェクトは DS を使用して手動で、または作成することができます/調整します。

メモ: DS の実行の影響を理解する/それを実行する前に調整がされてことを確認してください。

次のエラーも報告されます。
(MSEMS) のメッセージ ストアを開くときにエラーが発生しました。ログオンするときに、適切なアクセス許可があるかを確認します。
持つアカウントを使用して、Windows NT にログオンしていることを確認します。権利をメールボックスに Exmerge.exe の It を使用してアクセスしようとしている可能性があります。Exchange サービス アカウントを使用して、Windows NT にログオンするときに簡単に。

次のエラーが表示される場合。
メッセージ サービス (MSPST ミリ秒) の作成に失敗しました
Exchange クライアントがコンピューターにインストールされているかどうかを確認でExmerge.exe を実行しています。

Exmerge ユーティリティを使用した後、ユーザーのメールボックスを使用するユーザーを移動するのにはオフライン ストレージ (OST) にあるすべてのフォルダーを完全に同期します。場合は、メールボックスの内容が何らかの理由でが失われているか、失われている、メッセージをオフライン フォルダーから復元する必要があります。これを追加する必要があります。クライアントをオフラインで起動プロファイルへの個人用フォルダー (Pst) と手動でメッセージ OST から PST にして、メールボックスに戻るを移動しています。

OST からのメッセージ復元の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
163589メールボックスを削除した後、オフライン フォルダーからの復元
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
273642ExMerge は、ストアの Receive As および Send As アクセス許可を持っていない場合に機能しません

バージョン情報

場合問題は修正済みのバージョン 1.3 のエイリアスが 18 文字を超える長さが発生します。次のエラーが記録されます。
MAPI プロファイルを作成中にエラー
場合は、メッセージを個別にコピーするのには、バージョン 1.4 の追加機能は、MAPI_W_PARTIAL_COMPLETION エラーが検出されます。追加するログを追加メッセージのコピー処理中にエラーが発生します。
exch2kp2w [xadm]

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:174197 - 最終更新日: 12/04/2015 17:54:07 - リビジョン: 1.0

  • kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbinfo kbmt KB174197 KbMtja
フィードバック