現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

"このページのスクリプトが、Internet Explorer の実行速度を遅くしています" というエラー メッセージが表示される

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:175500
概要
スクリプトの中には実行時間の長いものがあるため、Internet Explorer では、時間のかかるスクリプトについては実行の継続の承認を求めるメッセージが表示されます。一部のテストやベンチマークで実行時間の長いスクリプトを使用する場合、承認を求めるメッセージ ボックスが表示されるまでの時間を延長することができます。Internet Explorer では、レジストリ エントリを変更することによって、特定のクライアント コンピューター上でのスクリプトのタイムアウト値を変更できます。
詳細
Web ページには、実行時間が非常に長いスクリプトが含まれている場合があります。Web ページ上で非常に大きなファイルの転送や大規模なデータベース クエリを実行する ActiveX コントロールを使用するスクリプトを作成する場合、このスクリプトによって処理が大幅に遅れることがよくあります。Internet Explorer 3.02 は長時間の遅延を検出し、次のようなダイアログ ボックスを表示してユーザーの承認を求めます。
このページには、終了するのに異常に長い時間のかかるスクリプトが含まれています。このスクリプトを今すぐ終了するには [キャンセル] をクリックします。
Internet Explorer 4.0 から 8 では、同様の場合に次のメッセージが表示されます。
このページのスクリプトが、Internet Explorer の実行速度を遅くしています。スクリプトを実行し続けると、コンピューターが反応しなくなる可能性があります。スクリプトを中断しますか?
このメカニズムによって、ユーザーは、無限ループに陥って誤動作しているスクリプトや、実行に時間のかかるスクリプトを停止することができます。

Internet Explorer 3.02 の場合、このメッセージ ボックスは Windows 95 を実行しているコンピューターで表示されます。Internet Explorer 3.02 は、特にスクリプト スレッドが過去 5 秒間にウィンドウ メッセージを処理したかどうかを監視しています。Internet Explorer 3.02 では、このタイムアウト時間を変更する方法はありません。長時間のブロッキング処理を伴う ActiveX コントロールを使用する場合は、イベント メカニズムを使用して呼び出し側に制御を返すか、または 5 秒間隔で PeekMessage を呼び出してタイムアウトをリセットする必要があります。

Internet Explorer 4.0 以降では、タイムアウトは Windows メッセージに基づく固定値ではありません。Internet Explorer は、実行されたスクリプト ステートメントの合計数を追跡し、タイムアウトやイベント ハンドラーなどからスクリプト エンジンを使用して現在のページで新しいスクリプトの実行が開始されるたびに、値をリセットするようになっています。Internet Explorer は、その値がしきい値を超えると "実行時間の長いスクリプト" のダイアログ ボックスを表示します。Internet Explorer の制限は、各命令をチェックしません。スクリプト エンジンは定期的に実行されたステートメントの数を使用して Internet Explorer に対してポーリングを行い、Internet Explorer はその数が制限を超えていないかどうかをチェックします。このメカニズムにより、スクリプト エンジンが Internet Explorer に対してポーリングを行う前にスクリプト全体の実行が完了する場合は、ダイアログを表示せずに既定の制限を超えるステートメントを実行することができます。

Internet Explorer バージョン 4.0 ~ 8 ではこのタイムアウト値を変更、進んでするの」Fix it で解決するセクションに進んでください。自分でこの問題を解決したい場合は、」手動で解決するセクションに進んでください。

Fix it で解決する

この問題を自動的に解決] をクリックします修正 ボタンまたはリンクやファイルのダウンロードダイアログで、実行ををクリックし手順、修正プログラム ウィザード。

注:
  • このウィザードは英語版のみに適用されることがあります。ただし、自動修正は、他言語バージョンの Windows でも動作します。
  • 操作しているコンピューターに問題がない場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。

移動する次に、」問題が解決されたかどうかの確認セクションに進んでください。



手動で解決する

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


Internet Explorer 4.0 から 8 でタイムアウト値を変更するには、以下の手順を実行します。
  1. Thiskey を開きます、Regedt32.exe などのレジストリ エディターを使用します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Styles

    注: <b>スタイル キーが存在しない場合はスタイルという新しいキーを作成します。
  2. このキーの下に "MaxScriptStatements" という新規 DWORD 値を作成し、任意のスクリプト ステートメントの数を設定します。Aure がこれを設定する必要がある値については場合、は、ダイアログ ボックスを回避するには、0 xffffffff の DWORD 値を設定できます。
既定では、キーは存在しません。キーが追加されていない場合、タイムアウトのダイアログ ボックスの既定のしきい値の制限は Internet Explorer 4 以降のバージョンの 5,000,000 ステートメントです。

Internet Explorer 4.0 から 8 のタイムアウトは、実行されたスクリプト ステートメントの数に基づいているため、ActiveX コントロールまたはデータベース アクセスによる遅延の間はタイムアウトのダイアログ ボックスは表示されません。スクリプトで無限ループが検出可能です。

問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決したかどうかを確認します。問題が解決された場合は、このセクションで終了です。問題がない場合は サポートに問い合わせてください。.
  • フィードバックをお待ちしております。フィードバックを提供するまたはこのソリューションに問題を報告してくださいにコメントを記入します」Fix it で解決する"ブログまたは送信すること、 電子メール
fixit 修正します。
関連情報
Internet Explorer 8 の速度、セキュリティ、適応性についての詳細情報は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:175500 - 最終更新日: 07/12/2015 02:27:00 - リビジョン: 17.0

  • Windows Internet Explorer 8
  • Windows Internet Explorer 7
  • Microsoft Internet Explorer 6.0
  • kbfixme kbmsifixme kbcode kbFAQ kbhowto kbscript kbmt KB175500 KbMtja
フィードバック
+ (window.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");