[PRB] Windows NT に MDAC/ADO/RDS をインストールするには管理者特権が必要

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP177514
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Windows NT を実行しているシステムに MDAC (Microsoft Data Access Components) をインストールする場合、管理者特権がないユーザーとしてログオンすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。
このソフトウェアのインストール、またはロールバックをするには管理者権限が必要です (MDAC 2.5 および MDAC 2.6)。
または
特権が足りません ここにインストールする権限がありません (MDAC 2.1 SP2)。
または
セットアップエラー 168 システムレジストリの更新に問題があるため、セットアップを継続できません (MDAC 2.0)。
原因
Microsoft Data Access Components のインストールには、管理者特権が必要です。
解決方法
管理者特権があるユーザーとしてログインして、MDAC をインストールします。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載した製品の問題として認識しています。
詳細
インストールに管理者特権が必要なコンポーネントがいくつかあります。また、MDAC のインストールではシステム レジストリを変更する必要があります。

インストールに管理者特権が必要なコンポーネントは次のとおりです。
  • OLE オートメーション (Oleaut32.dll、Olepro32.dll、Asycfilt.dll、および Stdole2.tlb)。OLE オートメーションは、OLE DB、ADO、および RDS などの MDAC コンポーネントで必要です。

  • Visual C++ ランタイム ライブラリ (Msvcrt.dll) を更新する際にも管理者特権が必要になることがあります。管理者特権がないと、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
    コピー エラー
    MSVCRT.DLL をコピーできません。アクセスできません。
  • 正常なインストールに管理者特権が必要となる、その他の DLL を次に示します。

    Msado15.dll // ADO
    Msadce.dll // RDS
    Msdadc.dll // OLE DB
関連情報
詳細については、次の Microsoft Universal Data Access Web サイトを参照してください。Microsoft Data Access Components の最新バージョンは、次のサイトからダウンロードできます。
プロパティ

文書番号:177514 - 最終更新日: 02/22/2014 06:55:13 - リビジョン: 5.1

  • Microsoft Data Access Components 1.5
  • Microsoft Data Access Components 2.0
  • Microsoft Data Access Components 2.1 Service Pack 2
  • Microsoft Data Access Components 2.5
  • Microsoft Data Access Components 2.6
  • Microsoft Data Access Components 2.8
  • Microsoft Data Access Components 2.7
  • Microsoft ActiveX Data Objects 2.7
  • kbnosurvey kbarchive kbdatabase kbprb KB177514
フィードバック