現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[OLEXP] Outlook Express を標準の簡易 MAPI クライアントとして設定する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP178077
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料では、Outlook Express を標準の簡易 MAPI クライアントとして設定する方法について説明します。
詳細
プログラムからドキュメントを送信しようとした場合 (たとえば、Microsoft ワードパッドで [ファイル] メニューの [送信] をクリックした場合や Microsoft Word で [ファイル] メニューの [送信] をポイントして [メールの宛先] をクリックした場合)、ドキュメントの送信には、簡易 MAPI (Simple Messaging Application Programming Interface) クライアントとして設定されている電子メール プログラムが使用されます。

Outlook Express を標準の簡易 MAPI クライアントとして設定するには、実行中の他の電子メール プログラムをすべて終了してから、Outlook Express で以下の手順を実行します。

Outlook Express 4.x および Windows 98

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  2. [全般] タブで、[Outlook Express を標準の簡易 MAPI クライアントにする] チェック ボックスをオンにします。
  3. Outlook Express を標準の簡易 MAPI クライアントに設定する確認メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    : Outlook Express を標準の簡易 MAPI クライアントに設定すると、他の MAPI 対応の電子メール プログラム (Microsoft Exchange、Microsoft Outlook 97、Microsoft Windows Messaging など) を使用している場合であっても、Outlook Express が簡易 MAPI クライアントとして使用されるようになります。MAPI 対応の他の電子メール プログラムを標準の簡易 MAPI クライアントとして使用するように設定するには、[Outlook Express を標準の簡易 MAPI クライアントにする] チェック ボックスをオフにします。
  4. [OK] をクリックし、コンピュータを再起動するよう促すメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
  5. Outlook Express を終了し、コンピュータを再起動します。

Outlook Express 5

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  2. [全般] タブで、[このアプリケーションは標準のメール ハンドラではありません] の横にある [標準とする] をクリックします。
  3. [OK] をクリックします。
not
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:178077 - 最終更新日: 12/05/2015 08:14:04 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Outlook Express 4.0
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbenv kbhowto KB178077
フィードバック