SecondLevelDataCache の詳しい説明

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP183063
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:183063
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料では、次のレジストリ キーについて説明します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session マネージャー\Memory Management\SecondLevelDataCache

REG_DWORD範囲: キロバイト 0、1、キャッシュ ・ サイズ既定値: 0 (256 K)
詳細
重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法

SecondLevelDataCache が、プロセッサ キャッシュのサイズとも呼ばれる記録します。セカンダリまたは L2 キャッシュを指定します。このエントリの値が 0 は、システムの場合ハードウェア抽象化レイヤーから L2 キャッシュのサイズを取得しようとしています。(HAL) のプラットフォーム。失敗した場合は、L2 キャッシュの既定サイズ 256 を使用します。KB。このエントリの値が 0、it ない場合は、L2 キャッシュにこの値を使用します。サイズです。このエントリをキャッシュ サイズをセカンダリ ソースとして設計されていますコンピューターの情報は、L2 キャッシュ、HAL を検出できません。

これは、ハードウェアには関係ありません。のみコンピューターにはときに便利です。ダイレクト マップの L2 キャッシュします。Pentium II およびそれ以降のプロセッサ ダイレクトではありません。L2 キャッシュをマップします。SecondLevelDataCache でのパフォーマンスを向上させることができます。特定の場合は十分に古いコンピューターの約 2 %物理ページがよりアドレスを散布して、メモリを 64 MB を超える領域が非常に多くの L2 キャッシュの競合がないため。設定SecondLevelDataCache (は 2、コンピューターがある場合は、有料ではなく 256 KBMB L2 キャッシュ) は、0.4% のパフォーマンスの低下について可能性があります必要があります。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:183063 - 最終更新日: 12/05/2015 08:30:48 - リビジョン: 2.0

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB183063 KbMtja
フィードバック