XADM: インターネット メール用に変更テキスト添付ファイル

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:184718
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
小さなテキスト ファイル (140 文字以内) の添付ファイル含むライン フィード<lf>の文字がないキャリッジ リターン ライン フィードの組み合わせ<cr><lf>,中には、インターネット メール サービスの送信方向の配信を変更します。は、余分な挿入の変更は、<cr><lf>すぐ後に結果として、元の<lf>文字は、<lf><cr><lf>最後の組み合わせ各行の。受信側のシステムで問題が生じる可能性があります。</lf></cr></lf></lf></lf></cr></lf></cr></lf>
原因
論理エラーはテキストと形式のボディ部としてのテキストの添付ファイルの処理します。7 ビットのエンコードを使用します。大きな添付ファイル (その 140 より大きい文字) がされているエンコード Quoted-printable としてが正しく<lf>文字のシーケンスを保持します。</lf>
解決方法
この問題を解決するには、Exchange Server の最新の service pack を入手します。バージョン 5.5 です。詳細については、次の資料を参照してください、技術情報:
191014XGEN Exchange Server 5.5 の最新の Service Pack を入手する方法
状況

Exchange Server 5.0

Microsoft Microsoft Exchange Server に問題があることこのとして認識していますバージョン 5.0 です。

サポートされている修正プログラム今すぐ、利用しますが、完全に回帰テストされていません。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この問題により、Microsoft 深刻な影響を受ける場合この修正プログラムを含む次の service pack のリリースを待つことを推奨します。Microsoft テクニカル サポートに問い合わせてください。

この修正プログラムは、インターネットの次の場所に公開されています。

Exchange Server 5.5

Microsoft Microsoft Exchange Server に問題があることこのとして認識していますバージョン 5.5 です。Exchange Server 5.5 でこの問題は修正されましたサービス パック 2。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:184718 - 最終更新日: 01/09/2015 09:49:53 - リビジョン: 6.0

Microsoft Exchange Server 5.0 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbqfe kbbug kbfix kbusage kbmt KB184718 KbMtja
フィードバック