スクリプト コントロールを取得する場所を情報。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:184739
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
ここでは、スクリプト コントロールを取得する手順について説明します。
詳細

[Web 上で

スクリプト コントロールには、スクリプト環境をホストするアプリケーションの簡単な方法提供されます。 サポートされているスクリプト言語は、VBScript、JavaScript を任意他準拠するスクリプト言語は、Internet Explorer の Web ブラウザーで動作します。

スクリプト コントロールは、次の Web サイトからダウンロードできます。

このページはドキュメントへのリンク コントロールを使用してについても説明します。 受信するファイル名が sct10en.exe です。

メモ: このコントロールをダウンロードする前に登録が必要です。

Visual Basic 6. 0

ただし、Visual Basic 6. 0 のセットアップはインストールされません、スクリプト コントロールを Visual Basic 6. 0 に付属するスクリプト コントロールです。 コントロールは、CD ディレクトリ Common\Tools\VB\Script にあります。 スクリプト コントロールをインストールするには、次操作を行います。
  1. Windows\system または WinNT\system32 には、msscript.ocx をコピーします。
  2. msscript.hlp と msscript.cnt Windows\help または Winnt\help にコピーします。
  3. Windows\system または Winnt\system32 には、dispex.dll、jscript.dll および vbscript.dll をコピーします。
    注: システム上で、これらの DLL の新しいコピーがある場合上書きしないこと。

  4. RegSvr32.exe を使用して msscript.ocx を登録します。 例:

    Regsvr32.exe の c:\windows\system\msscript.ocx

スクリプト コントロールの使用

スクリプト コントロールは、ActiveX コントロールをフォームに配置できますとして両方およびコードでインスタンスを作成できる ActiveX サーバーとしてインストールされます。

作品に使用できるコントロールを使用するには、[プロジェクト] メニュー クリックし、コンポーネントを選択します。 これも利用、ActiveX サーバー。

ActiveX サーバーだけを使用できるように、[プロジェクト] メニュー クリックし、[参照設定を選択します。
関連情報
スクリプト コントロールのヘルプ ファイルでは、限定されたサンプル コード含まれています。 追加のサンプル コードで、次の記事「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
184742[HOWTO]:: コントロールのエラー オブジェクトのスクリプトを使用します。

184745[HOWTO]:: スクリプト コントロール モジュールとプロシージャのコレクションを使用します。

184740[HOWTO]:: スクリプト コントロールを使用して関数の呼び出し

(c) マイクロソフト コーポレーション 1998、予約済みのすべての権限。 貢献度を Malcolm Stewart、マイクロソフト コーポレーション

プロパティ

文書番号:184739 - 最終更新日: 12/05/2015 08:36:30 - リビジョン: 4.0

Microsoft Visual Basic 5.0 Learning Edition, Microsoft Visual Basic 6.0 Learning Edition, Microsoft Visual Basic 5.0 Professional Edition, Microsoft Visual Basic 6.0 Professional Edition, Microsoft Visual Basic 5.0 Enterprise Edition, Microsoft Visual Basic Enterprise Edition for Windows 6.0, Microsoft Visual Basic 4.0 Standard Edition, Microsoft Visual Basic 4.0 Professional Edition, Microsoft Visual Basic 4.0 Enterprise Edition, Microsoft Visual Basic for Applications 5.0

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbscript kbctrl kbmt KB184739 KbMtja
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)