アプリケーション サーバーのレジストリ設定をターミナル

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:186499
概要
この資料は、ターミナル サーバー コンピューター上のアプリケーションの動作を変更するのに使用できるレジストリ設定について説明します。
詳細
ベースのターミナル サーバーのバージョン 2003 および MSI (Microsoft Windows インストーラー) の動作の詳細についてに進みます。KB 2002357.

実行モードのアプリケーションの実行を制御します。

Terminal Server コンピューターがセッション中に、アプリケーションの初期化データのマージを処理する方法を変更するアプリケーション、レジストリ パス、または .ini ファイルのビットを設定できるいくつかの互換性モードを実行します。これらの互換ビットは、次のサブキーの下のレジストリに設定されます。
NT\CurrentVersion\Terminal Server\Compatibility
アプリケーション、.ini ファイル、およびレジストリ エントリをこのレジストリ パスの下の 3 つのキーがあります。

ほとんどのアプリケーションは、既定の設定の動作は、次の互換ビットを使用してさらに調整することができます。

警告: これらの互換ビット アプリケーションが正しく動作していない場合のみ変更する必要があります。

最初の互換ビットのセットは、設定されているアプリケーションのバージョンを示します。すべての組み合わせが便利です (たとえば、MS-DOS アプリケーションはようにレジストリ呼び出し)。ファイルへのパスが指定されていないと、複数のアプリケーションが同じファイル名を使用可能性があります (たとえば、Setup.exe と Install.exe ここでは定期的に使用インストール プログラム)、こと、互換性の設定には影響しません、同じファイル名で、他のアプリケーションであることを確認するアプリケーションの種類を指定します。

文字列値を確認するのには、設定するビットの値に追加します。たとえば、16 ビットと 32 ビットの両方のバージョンの Myapp.exe のコンピューター名ではなくユーザー名を返すにサブキーを作成、レジストリに、次の手順を実行しています。

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE \Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Terminal Server\Compatibility\Applications\Myapp
  3. [編集] メニューで、[値の追加] をクリックし、次情報を入力します。
    値の名前: フラグ
    種類: REG_DWORD
  4. [データ] ボックスで、11 C の 16 進値を入力します (0x00000004 を 16 ビットの Windowsapplications の追加、0x00000008 の 32 ビット Windows アプリケーションを追加、0x00000010、コンピューター名、ユーザー名を返す場合の追加および 0x00000100 無効なレジストリのマッピングを追加する)。

アプリケーション

以下の互換性ビットが実行されているときに、アプリケーションに影響します。それらは ( Appnameはアプリケーションの実行可能ファイルの名前です)、次のレジストリ サブキーにあります。
NT\CurrentVersion\Terminal Server\Compatibility\Applications\Appname

互換ビット

  • MS-DOS アプリケーション: 0x00000001
  • Os/2 アプリケーション: 0x00000002
  • Windows 16 ビット アプリケーション: 0x00000004
  • Windows の 32 ビット アプリケーション: 0x00000008
  • ユーザー名を返すコンピューター名の代わりに: 0x00000010
  • ターミナル サーバーのビルド番号を返す: 0x00000020
  • このアプリケーションのレジストリ マッピングを無効にする: 0x00000100
  • ユーザーの Windows ディレクトリ: 0x00000400 を代わりに使用されません。
  • メモリを制限する: 0x00000800
「リターン ユーザー名コンピューター名ではなく」ビット一意の識別子としてコンピューター名を使用するアプリケーションを使用します。これは、アプリケーションにそのユーザーの名前を返し、アプリケーションの各ユーザーに一意の識別子を示します。

「このアプリケーション レジストリ マッピングを無効」ビットを使用して、アプリケーション使用されているレジストリ変数の 1 つのグローバル コピーを保持します。

「ユーザーの Windows ディレクトリを置き換えるしない」ビットを設定すると、GetWindowsDirectory API 呼び出しのためには、システム ルート ディレクトリが保持されます。このビットが設定されていない場合は、Windows ディレクトリにすべてのパスは、ユーザーの Windows ディレクトリへのパスに置き換えられます。

.Ini ファイル

次の互換ビットは、.ini ファイルの取り扱いを制御します。次のレジストリ サブキーにある (場所 Inifile .ini ファイルの名前) です。
NT\CurrentVersion\Terminal Server\Compatibility\IniFiles\Inifile

互換ビット

  • Windows 16 ビット アプリケーション: 0x00000004
  • Windows の 32 ビット アプリケーション: 0x00000008
  • ユーザーの .ini ファイルをシステム バージョンに同期させる: 0x00000040
  • ユーザーの Windows ディレクトリを代わりに使用されない: 0x00000080
場合は、「同期ユーザーの .ini ファイルをシステム バージョンに」ビットが設定されて追加新しいエントリ システム マスターの .ini ファイルからアプリケーションを起動するときに、ユーザーの .ini ファイル内の既存データは削除されません。このビットが設定されていない場合は、それがシステム マスターの .ini ファイルよりも古い場合は、ユーザーの .ini ファイルが上書きされます。

「ユーザーの Windows ディレクトリを置き換えるしない」ビットが設定されている場合、システム マスターの .ini ファイルのバージョンは、ユーザーの Windows ディレクトリにコピーするときに、.ini ファイル内のファイルのパスには、システム ルート ディレクトリが保持されます。このビットが設定されていない場合は、Windows ディレクトリへのパスのすべてのユーザーの Windows ディレクトリへのパスに置き換えます。

レジストリのパス

次の互換ビットは、レジストリの取り扱いを制御します。次のレジストリ サブキーにある (場所 パス名 ようにキーのレジストリ パス)。
NT\CurrentVersion\Terminal Server\Compatibility\RegistryEntries\パス名

互換ビット

  • Windows の 32 ビット アプリケーション: 0x00000008
  • アプリケーションのレジストリ マッピングを無効にする: 0x00000100
「アプリケーションのレジストリ マッピングを無効にする」ビットが設定されている場合、システム マスターのレジストリ イメージから新しいエントリは、ユーザーのレジストリには追加されません。さらに、システムでは、ユーザーのレジストリ内の既存データは削除されません。このビットが設定されていない場合は、システムを削除し、データがシステム マスターのレジストリ データより古い場合は、ユーザーのレジストリ データが上書きされます。このビットが設定されていない場合は、システムはユーザーのレジストリに存在しないキーも追加されます。

詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
186514 ターミナルの Server sentinel デバイスをサポートしていません
TWAIN のターミナル サーバーのターミナル サービス

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:186499 - 最終更新日: 04/27/2015 19:02:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter

  • kbinfo kbmt KB186499 KbMtja
フィードバック