Network Monitor を Terminal Server にインストールする

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP187624
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要 : この資料には、レジストリの編集に関する情報が含まれています。レジストリを編集する前に、問題が発生した場合に備えて、レジストリの復元方法を理解しておいてください。復元方法の詳細については、Regedit.exe のヘルプ トピック「レジストリを復元する」、またはRegedt32.exe のヘルプ トピック「レジストリ キーを復元する」を参照してください。
概要
Network Monitor の完全版はシングル ユーザー (コンソールで作業する管理者など) の使用目的ではインストールされません。インストール中に次のメッセージが表示されます。
   Windows 95 および Windows NT 3.51 以降のみがサポートされています。
アプリケーション互換フラグを設定することにより、この問題を解決できます。
詳細
通常、Terminal Server にインストールされるアプリケーションは、マルチユーザー用にインストールされます。このため、サーバーをインストール モード (change user /install) に設定するか、またはコントロール パネルの [アプリケーションの追加と削除] を使ってアプリケーションをインストールしなければなりません。しかし、通常 Network Monitor はシングル ユーザー用にインストールされるため、管理者は Network Monitor を実行モード (デフォルトのモード、または [アプリケーションの追加と削除] でシングル ユーザー用のインストールを選択) で実行します。

サーバーが実行モードのとき、Windows ディレクトリの場所のソフトウェア要求は、systemroot ディレクトリではなく、(通常はユーザーのプロファイル内にある) ユーザーの Windows ディレクトリで応答されます。Network Monitor は systemroot ディレクトリをバージョン チェック ルーチンの一部として検索するため、サーバーが管理者の Windows ディレクトリが systemroot であると応答した場合、Network Monitor は Windows NT または Windows 95 のいずれでもないと見なします。

これは一般的なアプリケーションの問題であり、Network Monitor では 2 とおりの解決方法があります。
解決方法
  1. すべてのユーザーにインストールすると、Network Monitor を適切にインストールできます。NTFS 権限でアクセスを制限できます。サーバーがインストール モードの場合、systemroot への要求は、ユーザーの Windows ディレクトリではなく、実際の systemroot で応答されます。
  2. Network Monitor の互換フラグを Terminal Server のレジストリに追加することにより、Network Monitor をシングルユーザー用にもインストールすることができます。この場合、systemroot を検索しているコンポーネントの既存のフラグ値に、アプリケーション互換フラグ値の 0x400 を追加します。0x400 の値を設定すると、実際の systemroot が Windows ディレクトリとして報告されます。
バージョン チェックを行なうアプリケーションは、_MSTEST と呼ばれます。これは Windows NT の標準コンポーネントであり、レジストリで互換フラグと共に既に設定されています。このフラグ値を探して、修正する必要があります。

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要です。Microsoft は、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

レジストリの編集に関する詳細は、レジストリ エディタ (Regedit.exe) のヘルプ トピック「キーと値を変更する」、または Regedt32.exe のヘルプ トピック「レジストリの情報を追加または削除する」と「レジストリ情報を編集する」を参照してください。レジストリを編集する前にレジストリのバックアップを必ず作成してください。Windows NT を実行している場合は、システム修復ディスク (ERD) をアップデートする必要もあります。

インストール終了後、フラグを必ずリセットしてください。次の手順に従ってください。

  1. レジストリ エディタ (regedit ではなく Regedt32.exe) を起動します。
  2. レジストリで次のキーに移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Terminal   Server\Compatibility\Applications\_MSTEST
    注 : 上記レジストリ キーのパスは、画面上で読みやすくするために改行されていますが、実際には 1 つのパスです。
  3. フラグ値に 0x400 を追加します。たとえば、既存のフラグ値が 0xc (デフォルト値) の場合は、0x40c に変更します。
  4. Network Monitor をインストールします。
  5. インストール後、フラグ値を元の値に戻します。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 187624 (最終更新日 1999-07-19) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:187624 - 最終更新日: 01/30/2014 12:17:45 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Terminal Server
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo KB187624
フィードバック