Telnet を使用して IMAP の基本的な接続性を確認する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:189326
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料では、Telnet を使用して、インターネット メッセージ アクセス プロトコル Version 4rev1 にいるかどうかを確認する方法は、Microsoft Exchange Server 5.5、Microsoft Exchange 2000 Server、または Microsoft Exchange Server 2003年を実行しているコンピューター上にあるメールボックスへの接続を (IMAP4)。
詳細
Exchange コンピューター上にあるメールボックスに適切な IMAP4 接続があることを確認するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

メモ 以外の最初のコマンドでは、各コマンドの先頭に疑問符 (?) とスペースを入力ください。各コマンドの入力後に ENTER キーを押します。
  1. Telnet (交換) のメール サーバーの IP アドレス 143

    このコマンドは、Telnet セッションを開始します。このコマンドが成功した場合、サーバーから次の応答が表示されます。
    +OK Microsoft Exchange IMAP4rev1 server version x.x.x (F.Q.D.N.) ready
  2. ?ログイン NTDOMAIN と NTACCOUNT/エイリアス パスワード

    このコマンドは、メールボックスにログオンして通信を開始します。このコマンドが成功した場合は、次の応答が表示されます。
    +OK LOGIN completed
  3. ?リスト"""*"

    このコマンドは、使用可能なフォルダーの一覧を提供します。
  4. ?選択します。 フォルダー (場所 フォルダー 受信トレイや削除済みアイテムなど、必要なメールボックス フォルダーです)

    このコマンドは、適切なメールボックスを選択します。このコマンドが成功した場合は、メールボックス内のメッセージ数に応じて、次のような応答が表示されます。
    * <#> EXISTS* <#> RECENT* FLAGS (\Seen \Answered \Flagged \Deleted \Draft)* OK [PERMANENTFLAGS (\Seen \Answered \Flagged \Deleted \Draft)]* OK [UNSEEN <#>] Is the first unseen message* OK [UIDVALIDITY 73] UIDVALIDITY value.? OK [READ-WRITE] SELECT completed.	
  5. ?フェッチ メッセージ番号> すべて (場所 メッセージ番号 1、2、3、およびようです)
    ?フェッチ メッセージ番号 本体 (場所 メッセージ番号 1、2、3、およびようです)

    これらのコマンドは、特定のメッセージを取得します。コマンドが成功すると、メッセージが指定した応答には、次のような「メッセージ番号」と表示されます。
    * 1 FETCH (FLAGS ( )  INTERNALDATE "25-JUN-1998 10:57:38 -500"RFC822.SIZE 417 ENVELOPE 9"Thu, 25 Jun 1998 10:57:33 -500" "Test"(("Administrator" NIL "Administrator" "microsoft.com"))(("Administrator" NIL "Administrator" "microsoft.com"))(("Administrator" "microsoft".com")) NIL NIL NIL"219876E11AFBD111A43F00C04F8FECCA33D4@mail2.dns.microsoft.com"))* ? OK FETCH completed.
  6. ?ログアウト

    このコマンドは、Exchange コンピューターで、IMAP4 セッションのユーザーを記録します。このコマンドが成功すると、次のようなメッセージが表示されます。
    ? LOGOUT* BYE Microsoft Exchange IMAP4rev1 server version 5.5.2654.50 signing off? OK LOGOUT completed.
    メモ によっては、Exchange の service pack がインストールされているこのメッセージには、バージョン番号が異なる場合があります。この例は、Exchange 5.5 Service Pack 4 (SP4) がインストールされて実行されていること。
場合は、この手順を正常に完了することができます、要求のコメント (RFC) 2060年に準拠しているすべての IMAP4 クライアントは Exchange コンピューター上のメールボックスへの接続をできます。
[Xadm] トラブルシューティング トラブルシューティング トラブルシューティングへの移動

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:189326 - 最終更新日: 12/05/2015 08:56:22 - リビジョン: 7.0

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition, Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition, Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbmt KB189326 KbMtja
フィードバック