ブリーフケースのアイテムを 2 回同期する必要があります。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP190812
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:190812
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ブリーフケース フォルダーとファイルは、同期コピーが Windows NT ネットワーク共有。

ローカル フォルダーにファイルを変更して、サーバー コピーの同期の状態と同期は、「ニーズの更新します」。もう一度に同期したときに、ファイルのタイムスタンプは同じですが、remotelocation からファイルをコピーするには、ブリーフケース。

ブリーフケースは、リモートの場所からファイルをコピー後、thesynchronization 正常に設定されて「最新」にします。
原因
ブリーフケースの後 FindFirstFile のファイル情報を読み取るのか、最初の更新時にファイル サーバーにコピーします。場合によっては、theLAN マネージャーのリダイレクターは、ファイルを閉じる前にこの API を実行します。Thishappens では、リモートのファイルのファイル サイズが正しくありません thesynchronization の状態が正しく設定されていない場合。

ネットワーク トレースでは、このようなクライアントとサーバーの間のフレーム シーケンスを確認できます。

   SMB       C write, FID = 0x9804, Write 0x0 at 0x0000020E   SMB       R write, Wrote 0x0   SMB       C transact2 Set file info, FID = 0x9804   SMB       R transact2 Set file info (response)   SMB       C transact2 Findfirst, File = \Text2.txt   SMB       R transact2 Findfirst (response)   SMB       C close file, FID = 0x9804   SMB       R close file				

Findfirst のサーバー メッセージ ブロック (SMB) に対応して、anincorrect ファイルのサイズが表示されます。
解決方法
この問題を解決するのに最新のサービス パックの Windows NT 4.0、または、個々 のソフトウェア更新プログラムを入手します。最新の service pack の入手方法の詳細についてを参照してください。
  • 152734 最新の Windows NT 4.0 service pack の入手方法
個々 のソフトウェア更新プログラムの入手方法の詳細については、マイクロソフト製品サポート サービスに問い合わせてください。マイクロソフト製品サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全なリストを参照してください、次のアドレス、World Wide Web 上で。
状況
マイクロソフトはこれが Windows NT 4.0 の問題として認識しています。 この問題は、Windows NT 4.0 の Service Pack 5 で最初に修正されました。
4.00

プロパティ

文書番号:190812 - 最終更新日: 11/03/2013 15:13:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition, Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbqfe kbbug kbfix kbmt KB190812 KbMtja
フィードバック