現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

サンプル ベース 64 のエンコードとデコード

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:191239
概要
B64_samp.exe は、プログラムでエンコードする方法を示すサンプルとメカニズムをエンコード base64 をデコードします。このエンコーディング メカニズムが導入されました多目的インターネット メール拡張機能 (MIME) を使用するにはします。は、クリア テキスト (基本認証時に使用される既定の機構認証) は、Web ブラウザーと Web サーバーの間で。

このサンプルは、単純な Win32 のコマンド ライン アプリケーションの形式でです。使用法次のとおりです。
Usage:  Base64.exe -[d|e] <message>           d  :  Decode <message>           e  :  Encode <message>				
サンプルは、エンコードされたテキストをフォーマットしません。RFC の仕様にBase 64 エンコードされたメッセージの各行を超えるできなく必要があります。76 文字。76 文字の後、メッセージはハード改行が必要(は、キャリッジ リターン + ライン フィード) を挿入します。さらに、エンコードデコーダーにフィードバックすると、メッセージが埋め込まれたする必要がありますように合計数文字が 4 の倍数とすること。このファイルに含まれるデコーダー サンプルスペースが不足しているいる状況を処理します。エンコードされたメッセージ等号 (=)、最後にパディングする必要があります。参照してください。「RFC 1521 5.2 の Base 64 の詳細な説明エンコードします。

注: このサンプルには Microsoft Visual C 5.0 にはプロジェクト ファイルが含まれます。その他の開発環境では、.cpp または .h のファイルにコピーするだけです。独自のプロジェクトです。自己解凍形式の実行可能ファイル、Win32 EXE であることに注意してください。
詳細
次のファイルをマイクロソフトからダウンロード可能します。ダウンロード センター:
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するのに役立つセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。
関連情報
RFC 1521: MIME (多目的インターネット メール拡張) パート 1。指定すると、インターネット メッセージの形式を記述するメカニズムボディ

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:191239 - 最終更新日: 07/06/2011 11:43:00 - リビジョン: 5.0

  • kbinfo kbdownload kbhttp kbfilter kbmt KB191239 KbMtja
フィードバック