[IIS] クライアント認証書のアカウントマッピングでルールが二重化する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP191385
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要

クライアント認証書のワイルドカードの一致規則によるマッピングが証明書用に作成され、その後削除された場合、それはリストから削除されるだけです。削除後に作成されるその他のワイルドカード マッピングはリストに 2 回表示されます。これにより Inetinfo にアクセス違反が発生する場合もあります。
詳細
削除関数は項目を表示リストから削除するだけです。続いて [OK] ボタンが押されたときに呼び出される関数がルール全体をリセットし、その後項目を追加し直します。問題は、ルールの中の最初のエントリだけが削除されるということです。残りのアイテムは重複してリストに追加されます。
状況
弊社ではこの問題を Internet Information Server 4.0 の問題と認識しております。
なお、この問題は日本語版の Windows NT Service Pack 4(SP4) で修正されております。

SP4 に関する情報は弊社ホームページをご参照ください。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 191385 (最終更新日 1998-12-25) をもとに作成したものです。

sp hot fix qfe inetinfo.exe
プロパティ

文書番号:191385 - 最終更新日: 02/03/2014 09:56:51 - リビジョン: 1.0

Microsoft Internet Information Server 4.0, Microsoft Windows NT Server 4.0 Terminal Server

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix certificate 一致規則 削除 認証書 KB191385
フィードバック