Wd 2000: エラー メッセージ: プロジェクト内のマクロが無効になっています。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:192073
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
マクロを含む文書を開くをメッセージを有効にする] または [マクロを無効にする必要がありますされません。マクロを実行しようとすると、次のメッセージを受け取ることがあります。
プロジェクト内のマクロが無効になっています。オンライン ヘルプを参照してくださいまたは、マクロを有効にする方法を決定ホスト アプリケーションのドキュメント。
原因
マクロのセキュリティ レベルが高に設定されます。マクロ ウイルスは、既定では、履歴のためのセキュリティ レベルを上げています。
回避策
文書を閉じてから、次の手順に従って、マクロのセキュリティ レベルを中] に変更します。
  1. で、 ツール メニューをクリックして マクロセキュリティ.
  2. で、 セキュリティ レベル タブを選択する] をクリックします。 [中][OK].
  3. で、 ファイル メニューをクリックして 終了 Microsoft Word を終了します。

    メモする必要があります終了し、Microsoft Word のセキュリティ レベルの変更を反映するを再起動します。
これは、セキュリティ レベルを [中] に設定しを有効にする] または [文書を開いたときにマクロを無効にするように求められます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:192073 - 最終更新日: 02/22/2014 17:40:37 - リビジョン: 4.0

  • kbnosurvey kbarchive kbprb kbmt KB192073 KbMtja
フィードバック