現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[PRB] SETUP.EXE ファイルがリンクしているエクスポート OLEAUT32.DLL:185 は見つかりません

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ディストリビューション ウィザード (PDW) を使用して作成されたセットアップ プログラムの実行時に、次のエラー メッセージが表示されます。
SETUP.EXE ファイルがリンクしているエクスポート OLEAUT32.DLL:185 は見つかりません。
[OK] をクリックすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。<Path> は Setup.exe の場所です。
<Path>\Setup.exe
システムに接続されたデバイスが機能していません。
原因
ディストリビューション ウィザードでビルドされたセットアップ パッケージは、Windows 95 の最初のバージョンでは Oleaut32.dll ファイル (バージョン 2.1) の API 関数がサポートされていないため実行できません。それより後のバージョンの Windows 95、Windows 98、または Windows Me、あるいは任意のバージョンの Windows NT 4.0 または Windows 2000 ではこの問題は発生しません。また、Microsoft Office 97、Internet Explorer 3.0、Internet Explorer 4.0 など、別のプログラムをインストールすることで Oleaut32.dll が新しいバージョンに更新されている場合にもこの問題は発生しません。
解決方法
この問題を解決するには、SETUP.EXE を実行する前に、最新のオートメーション ファイルをクライアント コンピュータにインストールする必要があります。最新のオートメーション ファイルは、VBRUN60.EXE を使用するとインストールされることがあります。VBRUN60.EXE を実行すると、Microsoft Visual Basic 6.0 ランタイム ライブラリ (MSVBVM60.EXE) がインストールされ、Visual Basic 6.0 アプリケーションで使用される、必要なオートメーション ファイル (Oleaut32.dll を含む) が更新されます。

VBRUN60.EXE が正常に実行された後で SETUP.EXE プログラムを実行すると、Visual Basic アプリケーションを正常にインストールできる場合があります。VBRUN60.EXE は、Visual Basic 6.0 のインストール CD-ROM に収められています。また、マイクロソフト Web サイトからダウンロードすることもできます。
関連情報
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
192461 [FILE] VBRun60.exe による Visual Basic 6.0 ランタイム ファイルのインストール

190046 [INFO] VB6 Readme パート 6、ウィザードの問題

158238 使用中の Windows 95/98/Me のバージョンを確認する方法
プロパティ

文書番号:194754 - 最終更新日: 12/05/2015 09:31:03 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Visual Basic 6.0 Learning Edition
  • Microsoft Visual Basic 6.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual Basic 6.0 Enterprise Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbappsetup kbprb kbwizard KB194754
フィードバック