現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Internet Explorer を 128 ビット暗号化にアップグレードする方法

はじめに
Microsoft Internet Explorer では 2 つの暗号化レベル (40 ビットと 128 ビット) をサポートしています。標準の 40 ビット バージョンでは SGC (Server Gated Cryptography) 技術が使用されており、北米以外に在住のユーザーは 40 ビット バージョンを使用して世界中の (SGC をサポートしている) 銀行や金融機関と 128 ビットで取引を行うことができます。

40 ビット (SGC) 暗号化バージョンの Internet Explorer は世界中で利用可能ですが、完全な 128 ビット暗号化バージョンの Internet Explorer は米国 (または米国領) およびカナダでのみ入手できます。40 ビット (SGC) 暗号化バージョンの Internet Explorer をインストールしているユーザーで、米国 (または米国領) あるいはカナダに在住のユーザーは、完全な 128 ビット暗号化バージョンの Internet Explorer にアップグレードすることが可能です。
詳細
Internet Explorer を 128 ビット暗号化にアップグレードするには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスし、画面の指示に従います。 : Windows NT 4.0 で Internet Explorer 3.02 をアップグレードする場合は、128 ビット バージョンの Windows NT 4.0 Service Pack 3 (SP3) 以降をダウンロードしてインストールする必要があります。この操作を行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。Internet Explorer 5 でこの Web サイトに接続するには、[ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックし、[更新情報] をクリックします。

128 ビット バージョンのアップグレードは、すべてのオペレーティング システムについてダウンロードできるわけではありません。使用中のオペレーティング システム用のアップグレードが用意されていない場合は、上記のリンクから 128 ビットのブラウザのみ (またはブラウザとコンポーネント) のパッケージをダウンロードし、現在のバージョンに上書きインストールします。

: マイクロソフトでは、現在、128 ビット バージョンの Internet Explorer を CD-ROM では提供していません。
: 2000 年 1 月、米国政府から新しい輸出規制が公布されました。この規制に基づき、マイクロソフトでは米国の輸出禁止先を除く全世界のユーザーに強力な暗号化機能を持つ製品を出荷することが可能になりました。強力な暗号化機能により、ユーザーはセキュリティを強化して、インターネットやプライベート ネットワークを介したデータ通信を保護することができます。暗号化をサポートする最新のマイクロソフト製品の大部分には、デフォルトで強力な暗号化機能が含まれています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 195833 (最終更新日 2004-12-16) を基に作成したものです。
4.00 5.00
プロパティ

文書番号:195833 - 最終更新日: 05/17/2011 13:54:00 - リビジョン: 5.0

  • Microsoft Internet Explorer 5.0 for Macintosh
  • Microsoft Internet Explorer 4.5 for Macintosh
  • Microsoft Internet Explorer 4.0 for UNIX
  • Microsoft Internet Explorer 4.0 for Macintosh
  • kbhowto kbsetup KB195833
フィードバック