[NT] イベント 6005、6006、6008、6009 がログに記録される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP196452
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Windows NT 4.0 にサービスパック 4 を適用すると、システムのスタートアップとシャットダウンの時間が記録され、イベントログに書きこまれます。ログされるのは以下のイベント ID です。
  • イベント 6005。
    起動時に、Event Log サービスがスタートしたという内容が記録されます。
  • イベント 6006。
    正常なシャットダウンが行われた際に記録されます。
  • イベント 6008。
    正常にシャットダウンせずに終了した際に記録されます。
  • イベント 6009。
    ブート時ごとに記録され、オペレーティング システム バージョン、ビルド番号、サービスパック レベル、およびその他のシステム関連情報を示しています。
これらのイベント ID は、情報提供のためにのみログされています。
詳細
この現象は Windows NT 4.0 および Windows NT Server 4.0, Terminal Server Edition 日本語版のサービスパック 4 にて追加された新機能です。

また、サービスパック 4 は以下の URL よりダウンロードできます。

http://www.microsoft.com/japan/products/ntupdate/nt4sp4/default.htm
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 196452 (最終更新日 1999-08-11) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:196452 - 最終更新日: 12/05/2015 09:50:05 - リビジョン: 2.0

Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition, Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition, Microsoft Windows NT Server 4.0 Terminal Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Datacenter Server

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbfix tsesp4fea KB196452
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)