現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows 2000 のセットアップ ブート ディスクを作成する方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP197063
概要
Microsoft Windows NT 4.0 およびそれ以前でセットアップ ブート ディスクを作成するのに使用されている、"winnt /OX" コマンドと "winnt32 /OX" コマンドは、Windows 2000 には対応しません。

Windows 2000 では、"winnt32 /OX" コマンドでヘルプが起動され、Winnt32.exe に関する詳細情報が示されます。
詳細
セットアップ ブート ディスクのセットを作成するには、Windows 2000 CD-ROM の Bootdisk フォルダから Makeboot.bat を実行します。

  1. Windows 2000 CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入します。
  2. Microsoft Windows 95 または Microsoft Windows 98 では、[スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントして、[MS-DOS プロンプト] をクリックします。Windows NT 4.0 では、[スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントして、[コマンド プロンプト] をクリックします。
  3. コマンド プロンプトで、「<CD-ROM drive>:」 (引用符はつけない) と入力し、 ENTER キーを押します。<CD-ROM drive> の部分には CD-ROM ドライブ名を入れます。
  4. 「cd bootdisk」 (引用符はつけない) と入力し、ENTER キーを押します。
  5. 「makeboot a:」 (引用符はつけない) と入力し、ENTER キーを押します。
Makeboot.bat バッチ ファイルの手順に従って、セットアップ ブート ディスクを作成します。

セットアップ ブート ディスクを作成する際は、Windows を実行していなくとも構いません。たとえば、Windows 98 スタートアップ ディスクでコンピュータを起動し、Windows 2000 CD-ROM から Makeboot.bat ファイルを実行することができます。

DOS の JP モードでは、Makeboot 実行時に画面が正しく表示されません。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 197063 (最終更新日 2000-01-18) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:197063 - 最終更新日: 09/06/2004 04:02:00 - リビジョン: 3.1

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • kbhowto kbsetup KB197063
フィードバック