[WD97]: 編集 Word の起動時に前回文書を開く方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:197849
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
保存または (最後のファイル保存したり開いたり表示最初) の順に読み込まれている最新ファイルを [ファイル] メニューの下部に示します。 このファイルの一覧は、一般に、ほとんど最近使用されている (MRU) の一覧と呼ばれます。

開きたい場合、Word の起動後、最後のファイル保存または開くと、手動でクリックしてファイル </a0>] メニューの最近使用した一覧に記載されている最初のファイルか Word が、Word のコマンドラインを変更するか、AutoExec マクロを作成して Word を起動すると自動的にファイルを開くことができます。
詳細
自動的に Word を起動すると編集最後文書を開くするには、次の方法のいずれか使用します。

方法 1: を使用して、"と mFile1"コマンドラインでの切り替え

  1. スタート ボタンを右クリックし、エクスプローラーを実行します。
  2. エクスプローラーで、正符号をクリックして Windows フォルダーを展開 (+)、Windows フォルダーの左側にサインインします。 [スタート] メニュー] フォルダーを展開し、プログラム] フォルダーを実行します。
  3. [プログラム] フォルダーを右クリックし、プロパティ。
  4. プロパティのダイアログ] 選択のショートカット] タブを追加"と mFile1"(引用符を除く) 対象の行にします。 たとえば、既定の [Word 97/98年] フォルダーを使用している場合変更の対象行次のように見えるように。
    Files\Microsoft Office\Winword.exe/mFile1
    注:/m とファイル 1 の間にスペースはありません。

方法 2: AutoExec マクロを使用します。

  1. [ツール] メニューの [マクロ] をポイントし、[マクロ] をクリックします。
  2. マクロ] ダイアログボックスで、マクロ名ボックスに"AutoExec"(引用符を除く) を入力] の [作成] をクリックします。
  3. マクロで編集ウィンドウを次のマクロを作成:
          Sub Autoexec()         RecentFiles(1).Open      End Sub					
  4. [ファイル] メニューの [終了して Microsoft Word へ戻る] をクリックします。
スタートアップ パラメーターの引数のスタートアップを切り替える

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:197849 - 最終更新日: 12/05/2015 10:05:17 - リビジョン: 1.1

Microsoft Word 97 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbmacro kbmt KB197849 KbMtja
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)