現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

セットアップ アカウントが特定のユーザー権利を持たない場合 SQL Server のインストールが失敗します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2000257
現象

以下の事例で説明します。セキュリティを強化するには、いくつかの Windows オペレーティング システム上のローカル管理者グループに既定のユーザー権利を削除します。このシステム上で Microsoft SQL Server のセットアップの準備として、ローカルの administrators グループにセットアップ アカウントを追加します。

このシナリオでは、インストールまたは Microsoft SQL Server へのアップグレード、インストール処理が失敗するし、次のセクションで説明したように、さまざまなエラー メッセージが表示されます。

シナリオ 1:新規インストールの場合は、セットアップ プログラムは、失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

アクセスが拒否されました

また、Detail.txt ファイルに次のようなエラー メッセージを発生可能性があります。

2009-01-02 13時 00分: 17 SQLEngine:--SqlServerServiceSCM: nt イベント 'Global\sqlserverRecComplete$ NIIT' の待機中を作成します。

2009-01-02 20: 13時 00分 SQLEngine:--SqlServerServiceSCM: nt イベント 'Global\sqlserverRecComplete$ NIIT' または sql プロセス ハンドルをシグナル状態になるを待機しています。

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: タイミングの ConfigRC および ConfigRC のシナリオの中に SQL_Engine_Core_Inst の機能の構成の操作に失敗しました。

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: アクセスが拒否されました

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: タイミングの ConfigRC および ConfigRC のシナリオの中に SQL_Engine_Core_Inst の機能の構成の操作に失敗しました。

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: System.ComponentModel.Win32Exception: アクセスが拒否されました

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: System.Diagnostics.ProcessManager.OpenProcess (Int32 のプロセス Id、Int32 アクセス、ブール値の throwIfExited) に

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: System.Diagnostics.Process.GetProcessHandle (Int32 アクセス、ブール値の throwIfExited) に

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: System.Diagnostics.Process.OpenProcessHandle() で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: System.Diagnostics.Process.get_Handle() で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlEngine.SqlServerServiceBase.WaitSqlServerStart (processSql のプロセス) に

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: で Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlEngine.SqlServerServiceSCM.StartSqlServer (文字列パラメーター)

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlEngine.SqlServerStartup.StartSQLServerForInstall (文字列 sqlCollation、masterFullPath の文字列、ブール値の isConfiguringTemplateDBs) に

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlEngine.SqlEngineDBStartConfig.ConfigSQLServerSystemDatabases (EffectiveProperties プロパティ、isConfiguringTemplateDBs のブール値、ブール値の useInstallInputs) に

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlEngine.SqlEngineDBStartConfig.DoCommonDBStartConfig (ConfigActionTiming 時間) に

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlEngine.SqlEngineDBStartConfig.Install (ConfigActionTiming のタイミング、辞書 ' 2 actionData、spcb の PublicConfigurationBase) に

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlConfigBase.PrivateConfigurationBase.Execute (ConfigActionScenario の場合、ConfigActionTiming のタイミング、辞書 ' 2 actionData、PublicConfigurationBase spcbCurrent) に

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlConfigBase.SqlFeatureConfigBase.Execute (ConfigActionScenario の場合、ConfigActionTiming のタイミング、辞書 ' 2 actionData、PublicConfigurationBase spcbCurrent) に

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlConfigBase.SlpConfigAction.ExecuteAction (文字列 actionId) に

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlConfigBase.SlpConfigAction.Execute (文字列の actionId、TextWriter errorStream) で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: 例外: System.ComponentModel.Win32Exception。

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: ソース: システム。

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: メッセージ: アクセスが拒否されました。


シナリオ 2
: SQL Server 2008 へのアップグレードは、Engine_SqlEngineHealthCheck のルールに次のエラー メッセージを報告します。

ルール名: Engine_SqlEngineHealthCheck
ルールの説明: チェックかどうか、SQL Server サービスを再起動することができます。または、クラスター化されたインスタンスのかどうか、SQL Server のリソースがオンラインにします。
結果: に失敗しました
メッセージと対処: SQL Server サービスを再開できません。クラスター化されたインスタンスの SQL Server のリソースがオンラインでないか

また、Detail.txt ファイルに次のようなエラー メッセージを発生可能性があります。

2009-05-27 17時 50分: 20 SQLEngine:: チェック エンジン チェックポイント 'GetSqlServerProcessHandle_1'
2009-05-27 17時 50分: 20 SQLEngine:--SqlServerServiceSCM: nt イベント 'Global\sqlserverRecComplete$ SQL10' を作成するを待機しています。
2009-05-27 17時 50分: 22 SQLEngine:--SqlServerServiceSCM: nt イベント ' Global\sqlserverRecComplete$ SQL10' または sql プロセス ハンドルをシグナル状態になるを待機しています。
2009-05-27 17時 50分: 22 SQLEngine:--FacetSqlEngineHealthCheck: Engine_SqlEngineHealthCheck: エラー: アクセスが拒否されました

Scenario3:Microsoft SQL Server 2012年または Microsoft SQL Server の 2008 R2 の新規インストールが失敗します。

SQL Server 2012年または SQL Server 2008 R2 の新しいインスタンスをインストールしようとすると、次のエラー メッセージが表示します。

「アカウント特権のセットアップ」のルールは失敗しました。
SQL Server セットアップを実行しているアカウントが 1 つまたはすべて、次の権限の。
バックアップ ファイルとディレクトリ、監査を管理する権限と、セキュリティ ログのプログラムをデバッグする権限を作成する権限。

原因

この動作は仕様です。ローカル管理者として、セットアップを実行するユーザー アカウントを追加する以外は、セットアップ ユーザー アカウントのセットアップが正常に完了するには次の既定のユーザー権利が必要です。

注: SQL Server のインストールに必要なアクセス許可の詳細については、「前提条件」セクションで、次の MSDN web サイトを参照してください。

方法: SQL Server 2008 (セットアップ) をインストールします。

インストール ウィザード (セットアップ) から SQL Server 2012年をインストールします。

ローカル ポリシー オブジェクトの表示名ユーザーの権利
バックアップ ファイルとディレクトリSeBackupPrivilege
プログラムをデバッグします。SeDebugPrivilege
[監査とセキュリティ ログを管理します。SeSecurityPrivilege

解決方法

ローカル管理者アカウントの権限を追加するには、以下の手順を実行します。

  1. 管理者の資格情報を持つユーザーとしてコンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタンを実行] をクリックして、コントロール admintoolsと入力し、[OK] をクリックします。
  3. ローカル セキュリティ ポリシー] をダブルクリックします。
  4. ローカル セキュリティ設定] ダイアログ ボックスで、[ローカル ポリシー] をクリックして、ユーザー権利の割り当てをダブルクリックします。.バックアップ ファイルとディレクトリをダブルクリックし、
  5. バックアップ ファイルとディレクトリのプロパティ] ダイアログ ボックスで追加するユーザーまたはグループをクリックします。
  6. [ユーザーまたはグループ] ダイアログ ボックスで、[セットアップに使用されているユーザー アカウントを入力、 [ok]を 2 回クリックしてください
  7. 他の 2 つのポリシー、「原因」に記載されている手順を繰り返します。
  8. [ファイル] メニューで、 [ローカル セキュリティ設定] ダイアログ ボックスを終了をクリックします。
詳細

  • 現在のセットアップに使用されるアカウントに関連付けられている権限の一覧を確認するには、AccessChk.exe ツールを使用できます。このツールをダウンロードするには、次の場所を参照してください。

http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb664922.aspx

使用法: accesschk.exe - < セットアップ アカウント > *

次に例を示します。

c:\tools\accesschk.exe-testdc\setupaccount *

サンプル出力:

SeSecurityPrivilege
SeBackupPrivilege
SeRestorePrivilege
SeSystemtimePrivilege
SeShutdownPrivilege
SeRemoteShutdownPrivilege
SeTakeOwnershipPrivilege
SeDebugPrivilege
SeSystemEnvironmentPrivilege
SeSystemProfilePrivilege
SeProfileSingleProcessPrivilege
SeIncreaseBasePriorityPrivilege
SeLoadDriverPrivilege
SeCreatePagefilePrivilege
SeIncreaseQuotaPrivilege
SeChangeNotifyPrivilege
SeUndockPrivilege
SeManageVolumePrivilege
SeImpersonatePrivilege
SeCreateGlobalPrivilege
SeTimeZonePrivilege
SeCreateSymbolicLinkPrivilege
SeInteractiveLogonRight
SeNetworkLogonRight
SeBatchLogonRight
SeRemoteInteractiveLogonRight

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2000257 - 最終更新日: 07/28/2014 15:19:00 - リビジョン: 10.0

Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Standard

  • kbmt KB2000257 KbMtja
フィードバック