ドメイン コントローラーがプロモーション後 .NET ランタイムの最適化サービス イベント エラー1101が起こる。

現象

新しくプロモーションした Windows Server 2008 R2 ドメイン コントローラーの最初の再起動後、次の 2 つのアプリケーション イベント ログ エラーを書き込みます。

ログの名前: アプリケーション
ソース: .NET ランタイムの最適化サービス
発行日: 2009/11/8 1:53:26 PM
イベント ID: 1101
タスクのカテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー : N/A
コンピューター: computer_name.domain.com
説明:
.NET ランタイムの最適化サービス (clr_optimization_v2.0.50727_64) のコンパイルに失敗しました: Microsoft.GroupPolicy.Targeting.Interop、バージョン 2.0.0.0、カルチャ = ニュートラル、PublicKeyToken = 31bf3856ad364e35、processorArchitecture = amd64 =。 エラー コード = 0x800700b6

ログの名前: アプリケーション
ソース: .NET ランタイムの最適化サービス
発行日: 2009/11/8 1:51:29 PM
イベント ID: 1101
タスクのカテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー : N/A
コンピューター: computer_name.domain.com
説明:
.NET ランタイムの最適化サービス (clr_optimization_v2.0.50727_32) のコンパイルに失敗しました: Microsoft.GroupPolicy.Targeting.Interop、バージョン 2.0.0.0、カルチャ = ニュートラル、PublicKeyToken = 31bf3856ad364e35、processorArchitecture = x86 =。 エラー コード = 0x800700b6

2 つのエラーは 1 回のみで発生し、決してサーバー上でもう一度繰り返しはしません。 上記の例では、コンピュータ名の表示はMicrosoft トレーニング ドメインとなり、お使いになっているコンピューター上のコンピューター名とは異なります。

原因

これは、マネージ コードのマニフェスト リンクの不具合による gppref.dll と comctl32.dll が原因です。

解決方法


 

これら 2 つエラーを安全に無視することができます。

詳細

マイクロソフトでは、この問題を記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2002607 - 最終更新日: 12/04/2009 19:54:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Enterprise

  • kbrapidpub kbnomt KB2002607
フィードバック