現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

グループ ポリシーを使用して、Outlook の社会的コネクタを管理する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2020103
概要

いくつかの機能およびコンポーネントが Outlook 社会的されるコネクタ (OSC) のグループ ポリシーを使用して管理できます。この資料には、次のタスクを管理するために使用できるユーザー設定のグループ ポリシー テンプレートが含まれます。

  • ソーシャル ・ バージョンをロードします。
  • ウィンドウのユーザーの通知を設定します。
  • 彼の活動の同期間隔を指定します。
  • グローバル アドレス一覧 (GAL) の同期の間隔を指定します。
  • 社会的ネットワークの連絡先の同期の間隔を指定します。
  • 社会的ネットワークの動作の同期をブロックします。
  • ブロック社会的ネットワークの連絡先の同期
  • ローカルの連絡先とグローバル アドレス一覧の同期をブロックします。
  • ソーシャル ネットワークのアカウントの構成の回避
  • Active Directory の詳細情報のダウンロードをブロックします。
  • オンデマンド処理の同期をブロックします。
  • 特定のプロバイダーをブロックします。
  • ロードするのには、特定のプロバイダーを構成します。
  • 連絡先の写真を表示します。
  • 人の枠に表示する項目の最大数を設定します。

Outlook の社会的コネクタを管理するために使用できるグループ ポリシー設定の詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

詳細

Outlook の社会的コネクタを管理するプロセスは、Outlook の異なるバージョン間で若干異なります。Outlook のバージョンに応じて、以下の方法のいずれかを使用します。

Outlook 2003 または Outlook 2007

  1. Outlook 2003 および Outlook 2007 のグループ ポリシー テンプレート (OutlookSocialConnector.adm)、ソーシャル ・ バージョンをダウンロードします。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

    http://download.microsoft.com/download/2/8/D/28D04E42-71A9-4DF4-B4E3-283B30CF39ED/OutlookSocialConnector.zip

    メモOutlook 2010 クライアントでは、OutlookSocialConnector.adm テンプレートを使用できます。ただし、Outlook 2010 クライアントに Outlook の社会のコネクタのグループ ポリシー設定を構成するのには、OutlookSocialConnector.adm テンプレートを使用すると、操作を行いますしないも社会的 Outlook コネクタの設定を構成するのには、Outlk14.adm テンプレートを使用します。両方のテンプレート ファイルを使用して、される OSC の同じ設定を構成すると、重複したり、矛盾したポリシーを作成できます。

  2. OutlookSocialConnector.adm ファイルをドメイン コント ローラーに追加します。

    メモドメイン コント ローラーに、.adm ファイルを追加するのには、手順、実行している Windows のバージョンによって異なります。また、組織単位 (OU)、ドメイン全体にポリシーを適用することができますので、手順、ポリシーを適用するは、この点で異なります。そのため、詳細については、Windows のマニュアルを確認してください。

  3. [ユーザーの構成] の [ポリシー] ノードで、テンプレートを検索するには、クラシック管理用テンプレート (ADM)] を展開します。手順 1 で提供される .adm のカスタマイズを使用すると、このノードの「Outlook 社会的コネクタ」名前になります



  4. 詳細ペインで、グループ ポリシー設定を構成する設定をダブルクリックします。たとえば、表示ペインで、ユーザーの連絡先の写真を管理するために連絡先の写真を表示しない] をダブルクリックします。
  5. ポリシー設定のダイアログ ボックスで、ポリシーを有効にするのには [有効] をクリックします。たとえば、次の図は、連絡先の写真を表示しないポリシーとして [有効] に設定されてを示します。



  6. [Ok]をクリックします。
  7. 社会的 Outlook コネクタの残りのポリシー設定を構成します。

メモ社会的 Outlook コネクタの各ポリシーの設定の詳細については、「グループ ポリシー設定の詳細」を参照してください。

Outlook 2010

OutlookSocialConnector.adm のカスタム テンプレートには (後でこのセクションで参照されます)、Outlk14.adm テンプレート ファイルに含まれているよりもより多くの設定には、される OSC が含まれています。そのためには、記載されている、OutlookSocialConnector.adm テンプレート「Outlook 2003 または Outlook 2007」「Outlook 2010 クライアントを使用することをお勧めします。

ただし、Outlook 2010 クライアントに Outlook の社会のコネクタのグループ ポリシー設定を構成するのには、OutlookSocialConnector.adm テンプレートを使用すると、操作を行いますしないOutlk14.adm テンプレートからソーシャル ・ コネクタの Outlook の設定も構成します。両方のテンプレート ファイルを使用して、される OSC の同じ設定を構成すると、重複したり、矛盾したポリシーを作成できます。

だけは、Outlk14.adm テンプレートを使用している場合は、ソーシャル ・ バージョンで Outlook 2010 を管理するには、次の手順を実行します。

  1. Office 2010 グループ ポリシー テンプレートは、次のマイクロソフト web サイトからダウンロードします。

    ドキュメントですか。FamilyId = の 64b837b6-0aa0-4 c 07-bc34-bec3990a7956 & displaylang = en
  2. Outlk14.adm ファイルをドメイン コント ローラーに追加します。

    メモドメイン コント ローラーに、.adm ファイルを追加するのには、手順、実行している Windows のバージョンによって異なります。また、組織単位 (OU)、ドメイン全体にポリシーを適用することができますので、手順、ポリシーを適用するは、この点で異なることがあります。そのため、詳細については、Windows のマニュアルを確認してください。

  3. [ユーザーの構成] の [クラシック管理用テンプレート (ADM)と、Microsoft Outlook 2010社会的 Outlook コネクタの設定を展開します。手順 1 で提供される .adm のカスタマイズを使用すると、このノードの「Outlook 社会的コネクタ」名前になります



  4. 詳細ペインで、グループ ポリシー設定を構成する設定をダブルクリックします。たとえば、ユーザーのウィンドウの情報バー メッセージの表示を管理するために社会的ネットワークの情報バーを表示しない] をダブルクリックします。
  5. ポリシー設定のダイアログ ボックスで、ポリシーを有効にするのには [有効] をクリックします。たとえば、次の図ソーシャル ネットワーク情報バーを表示しない] ポリシーが有効の状態で. します。



  6. [Ok]をクリックします。
  7. 社会的 Outlook コネクタの残りのポリシー設定を構成します。

    メモ社会的 Outlook コネクタの各ポリシーの設定の詳細については、「グループ ポリシー設定の詳細」を参照してください」。

グループ ポリシーの設定の詳細

各社会 Outlook コネクタのグループ ポリシー設定については、次の表に。これらの設定はすべて、OutlookSocialConnector.adm テンプレートを利用できます。ただし、いないすべての設定は、Outlk14.adm テンプレートで機能しているかです。これらのグループ ポリシー設定の可用性を確認するには、次の表を参照してください。

グループ ポリシーの設定

使用可能
OutlookSocialConnector.adm

Outlk14.adm で Outlook 社会的コネクタを無効にします。 [はい][はい] 社会的ネットワークの情報バーを表示しません。 [はい][はい] アクティビティ フィードの同期間隔を指定します。 [はい][はい] GAL 連絡先の同期間隔の設定 [はい] [はい] ネットワーク連絡先の同期間隔の設定 [はい] いいえブロックのネットワーク活動の同期 [はい] [はい] ブロック社会的ネットワークの連絡先の同期 [はい] [はい] ブロックのグローバル アドレス一覧の同期 [はい] [はい] 社会的ネットワークの接続を妨げる [はい] [はい] Active Directory の詳細をダウンロードしないでください。[はい] この設定ですと呼ばれる「、Active Directory からの写真をダウンロードできません」が機能しない、Outlk14.adm テンプレートです。オンデマンド処理の同期を許可しません。 [はい] [はい] プロバイダーの特定の社会的ネットワークをブロックします。 [はい] [はい]ロードするソーシャル ネットワーク プロバイダーの一覧を指定します。 [はい] [はい] 連絡先の写真を表示しません。 [はい]                         no人のペインに表示される項目の最大数 [はい] no

次の項目とそれに関連付けられているレジストリ データは、グループ ポリシーの設定についての詳細情報を提供します。

  • Outlook 社会的コネクタを無効にします。

    このポリシー設定を有効にしたり、社会的 Outlook コネクタを有効にすることができます。このポリシー設定を有効にする場合は、Outlook の社会的コネクタは無効です。このポリシー設定を無効にした場合、または構成しない場合は、Outlook の社会的コネクタは有効です。

    このポリシー設定は、次のレジストリ情報が制御されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD:RunOSC
値:
0 = のポリシーを有効にします。Outlook のソーシャル ・ コネクタ、ユーザー インターフェイスのオプションが表示されないし、グローバル アドレス一覧での同期は実行されません。
1 = のポリシーを無効にします。(標準)Outlook の社会的コネクタがオンになっています。

メモ場合RunOSC 0、社会のコネクタの Outlook アドインは、Outlook によって読み込まれます。ただし、機能は提供されません。

  • 社会的ネットワークの情報バーを表示しません。

    このポリシーはユーザー] ペインでソーシャル ネットワーク プロバイダーをインストールするように求めるメッセージの情報バー メッセージが表示されるかどうかを設定します。このポリシー設定を有効にする場合は、情報バー メッセージが人のペインには表示されません。無効にするか、[このポリシーの設定を構成しない場合は、ユーザーのウィンドウの情報バー メッセージが表示されます。

    このポリシー設定は、次のレジストリ情報が制御されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD:UnmanagedInfobars
値:
1 = のポリシーを有効にします。ソーシャル ネットワーク プロバイダーを追加するのには、情報バー メッセージの人のウィンドウは表示されません。
0 = のポリシーを無効にします。(標準)メンバー ペインにソーシャル ネットワーク プロバイダーを追加するのには、情報バー メッセージが表示されます。

メモこのポリシーの影響を受ける人がペインに表示されますは、情報バー メッセージを次に示します。

プロファイルの写真や仲間の活動の更新プログラムを Outlook で表示するのには、ソーシャル ・ ネットワークに接続します。ネットワークを追加するのには、ここをクリックします。



Outlook プロファイルで構成されている社会的ネットワーク プロバイダーがあるない場合このメッセージが表示されたら、します。

  • アクティビティ フィードの同期間隔を指定します。

    このポリシー設定は、どのくらいの頻度情報提供活動 Outlook と社会のネットワークを接続している間 (分単位で) 同期を制御します。このポリシー設定を有効にする場合は、活動情報の同期間隔を指定できます。無効にする] または [このポリシーの設定を構成しない場合は、活動情報、既定の間隔 (60 分) で同期化されます。

    このポリシー設定は、次のレジストリ情報が制御されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD:ActivitySyncInterval
値: 1 ~ 10080 整数。

メモフィードの同期アクティビティに [アクティビティ] タブし、人のウィンドウで状態の更新] タブに表示される情報が含まれます。

  • GAL 連絡先の同期間隔の設定

    このポリシーの設定は、どのくらいの頻度の連絡先情報がグローバル アドレス一覧と Outlook の間 (分単位) 同期を制御します。このポリシー設定を有効にする場合は、連絡先情報の同期に、指定された間隔 (分単位) 指定できます。無効にする] または [このポリシーの設定を構成しない場合は、連絡先情報 (1 回ごとの 4 日間、または 5760 分) 既定の間隔で同期化されます。

    このポリシー設定は、次のレジストリ情報が制御されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD:ContactSyncInterval
値: 1 ~ 10080 整数。

  • ネットワーク連絡先の同期間隔の設定Outlk14.adm テンプレートでは利用できません

    このポリシー設定は、頻度問い合わせ先 Outlook と社会のネットワークを接続している間 (分単位) 同期を制御します。このポリシー設定を有効にする場合は、連絡先情報の同期に、指定された間隔 (分単位) 指定できます。無効にする] または [このポリシーの設定を構成しない場合は、既定の間隔 (1 時間、1 日または 1440 分) に連絡先情報が同期されます。

    このポリシー設定は、次のレジストリ情報が制御されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD:NetContactSyncInterval
値: 1 ~ 10080 整数。

  • ブロックのネットワーク活動の同期

    このポリシー設定では、活動や Outlook と社会的ネットワークとの間の状態の更新の同期をブロックします。このポリシー設定を有効にする場合は、社会的ネットワークの活動の同期はブロックされます。無効にする] または [このポリシーの設定を構成しない場合は、社会的ネットワークの動作の同期を許可します。

    このポリシー設定は、次のレジストリ情報が制御されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD:DisableActivityDownload
値:
1 = のポリシーを有効にします。社会的 Outlook コネクタはない活動と社会的ネットワークの状態の更新を同期します。
0 = のポリシーを無効にします。(標準)社会的 Outlook コネクタの活動と社会的ネットワークの状態の更新を同期します。

メモフィードの同期アクティビティには、人のウィンドウで状態の更新タブと関連アイテム] タブに表示される情報が含まれます。

次の図は、期待どおりの結果人々 ペインを表示するとDisableActivityDownload = 1


  • ブロック社会的ネットワークの連絡先の同期

    このポリシー設定では、同期 Outlook と社会的ネットワークの連絡先をブロックします。このポリシー設定を有効にする場合は、社会的ネットワークの連絡先の同期はブロックされます。無効にする] または [このポリシーの設定を構成しない場合は、社会的ネットワークの連絡先の同期を許可します。

    このポリシー設定は、次のレジストリ情報が制御されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD:DisableContactDownload
値:
1 = のポリシーを有効にします。Outlook の社会的コネクタ連絡先ソーシャル ネットワーク プロバイダーでは同期されません。
0 = のポリシーを無効にします。(標準)社会的 Outlook コネクタ、社会のネットワーク プロバイダーに連絡先を同期します。

Outlook で連絡先の情報をネットワーク、社会的ネットワークを同期するときは、ネットワーク上で通信がローカル連絡先フォルダー内のメールボックスに保存されます。ミクシィ アカウントの既定の同期によって作成された、ミクシィの連絡先フォルダーの例を次に示します。



場合はこのフォルダーは作成されませんDisableContactDownload= 1。

メモソーシャル ネットワークでの活動の同期は行われます場合DisableContactDownload= 1。これは、次の図に示します。



このシナリオでは、連絡先の写真ローカル連絡先フォルダーにメールボックスがない場合は、写真が利用できないため人のペインに表示です。

  • ブロックのグローバル アドレス一覧の同期

    このポリシーの設定を Outlook と、グローバル アドレス一覧 (GAL) 連絡先の同期をブロックすることができます。このポリシー設定を有効にする場合は、GAL 連絡先の同期はブロックされます。無効にする] または [このポリシーの設定を構成しない場合は、GAL 連絡先の同期を許可します。

    このポリシー設定は、次のレジストリ情報が制御されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD:DisableContactGALSync
値:
1 = のポリシーを有効にします。される OSC はないの同期とアドレス帳 (GAL) から Active Directory 情報を連絡先フォルダーに保存します。
0 = のポリシーを無効にします。(標準)Active Directory の情報でアドレス帳 (GAL) からは連絡先フォルダーに保存、される OSC を同期します。

メモ場合に、[更新] ボタンも連絡先アイテムのインスペクター表示DisableContactGALSync= 1。ローカルの連絡先アイテムの Active Directory 情報の同期を強制的に、連絡先アイテムの [更新] をクリックします。


  • 社会的ネットワークの接続を妨げる

    このポリシー設定は社会的ネットワーク社会的 Outlook コネクタへの接続を防ぐことができます。このポリシー設定を有効にする場合は、Outlook のソーシャル ・ コネクタを使用してソーシャル ネットワークのアカウントを構成することはできませんし、既存の社会的ネットワークのアカウントが無効になっています。無効にする] または [このポリシーの設定を構成しない場合は、社会的ネットワークの接続を許可します。

    このポリシー設定は、次のレジストリ情報が制御されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD:DisableSocialNetworkConnectivity
値:
1 = のポリシーを有効にします。Outlook のソーシャル ・ コネクタ、プロバイダー、ソーシャル ネットワークのアカウントダイアログ ボックスで表示されません。
0 = のポリシーを無効にします。

(標準)Outlook のソーシャル ・ コネクタ、ソーシャル ネットワークのアカウントダイアログ ボックスでインストールされているすべてのプロバイダーを表示します。

メモ有効にした場合は、GAL 連絡先の同期がまだ発生する場合DisableSocialNetworkConnectivity= 1。

ソーシャル ネットワークのアカウントダイアログ ボックスが、次の図に示すDisableSocialNetworkConnectivity= 1。


  • Active directory の詳細をダウンロードしません。Outlk14.adm テンプレートでは使用できません)

    このポリシーの設定のメンバーかどうかを制御 Active Directory からユーザーの詳細情報がダウンロードされます。このポリシー設定を有効にする場合は、連絡先の詳細 (写真、タイトル、および企業) はダウンロードされません。無効にする] または [このポリシーの設定を構成しない場合は、連絡先の詳細はダウンロード、人のペインに表示されます。

    このポリシー設定は、次のレジストリ情報が制御されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD:DownloadDetailsFromAD
値:
0 = のポリシーを有効にします。人のペインに表示される情報は、元の連絡先の詳細によって異なります。情報は、Active Directory 内でのみ利用可能な場合は、情報の人のウィンドウで表示されません。
1 = のポリシーを無効にします。(標準)される OSC 表示連絡先の写真、人のウィンドウで、利用する場合のタイトルおよび会社の詳細。

メモ場合DownloadDetailsFromAD= 0、かどうか、キャッシュされていると、オンライン モード プロファイルをおよび連絡先情報の場所での人のウィンドウで表示されている情報に依存します。

  • キャッシュ モード

    いるときは、キャッシュ モードとDownloadDetailsFromADに 0 を表示するにお問い合わせください (写真、会社名、またはタイトル) の詳細については、次のソースからのものである場合。
    • オフライン アドレス帳 (OAB)
    • メールボックスの連絡先フォルダー
    • ネットワーク上で通信

写真などの Active Directory では、連絡先の詳細が格納されている場合は、人々 のウィンドウの詳細は表示されません。これは Active Directory では、連絡先の写真がありますが、その会社の名前 (Wingtiptoys) とタイトル (テスター) が OAB を利用、次の図に示します。


  • オンライン モード

いるときは、オンライン モードと DownloadDetailsFromAD に 0 を表示するにお問い合わせください (写真、会社名、またはタイトル) の詳細については、次のソースからのものである場合。

    • メールボックスの連絡先フォルダー
    • ネットワーク上で通信

連絡先情報は Active Directory に格納されている場合は、ユーザーのウィンドウ、連絡先の詳細は表示されません。これは最初の連絡先の写真、社名およびタイトル表示されませんが、次の図に示します。



人のペインに表示されるため、同じこの図では、2 つ目の連絡先はローカルの連絡先フォルダーに利用できます。元の連絡先の詳細が確認された場合は、連絡先の写真の上にポインターを置いて。


  • オンデマンド処理の同期を許可しません。

    このポリシー設定をオンデマンド同期 Outlook と社会的ネットワークとの間の活動情報を防ぐことができます。このポリシー設定を有効にする場合は、オン ・ デマンドの同期はブロックされます。無効にする] または [このポリシーの設定を構成しない場合は、要求時同期を使用します。

    このポリシー設定は、次のレジストリ情報が制御されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD:OnDemandActivitySync
値:
0 = のポリシーを有効にします。される OSC はない連絡先ユーザー] ペインで選択されている場合、連絡先の活動情報のオンデマンド読み込みを実行します。
1 = のポリシーを無効にします。(標準)人のウィンドウで、連絡先を選択すると、される OSC 連絡先の活動情報のオンデマンド読み込みを実行します。

メモDynamicActivitiesLookupの機能をサポートのみにソーシャル ネットワーク プロバイダーに応じてのアクティビティの検索では、される OSC を適用します。DynamicActivitiesLookupの機能をサポートしているかどうかを確認するのには、ソーシャル ネットワーク プロバイダーの製造元に問い合わせてください。動的なアクティビティの検索が、常に [ユーザー] ウィンドウで、連絡先の最新の活動を参照してくださいが、プロバイダーから、社会的ネットワークへの呼び出しの数が増加します。

  • プロバイダーの特定の社会的ネットワークをブロックします。

    このポリシー設定では Outlook の社会的コネクタによってロードされる社会的ネットワーク プロバイダーの一覧を指定することができます。このポリシー設定を有効にする場合は、ソーシャル ネットワーク プロバイダーの一覧に追加は、ソーシャル ・ バージョンが読み込まれます。このリストをセミコロン (;) で区切られました。無効にする] または [このポリシーの設定を構成しない場合は、社会的 Outlook コネクタすべてインストールされているプロバイダーを読み込むことができます。

    このポリシー設定は、次のレジストリ情報が制御されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
文字列:DisabledProvidersList
値: セミコロンで区切られた一覧の [現在インストールされているプロバイダーの (現在のプロバイダーを指定することができますの一覧次に示します。下の一覧に含まれていない場合は、社会的なコネクタは、プロバイダーのベンダーください。)

SharePoint では:OscAddin.SharePointProvider
ミクシィ:LinkedInSocialConnector.LinkedInSocialProvider
マイスペース:MySpace.OSC
Windows Live Messenger:OscAddin.WindowsLiveProvider

メモ

DisabledProvidersList文字列の値が存在するが空の場合は、インストールされているすべてのプロバイダー、される OSC で表示されます。

SharePoint のプロバイダーに、される OSC は Outlook 2003 または Outlook 2007 では利用できません。 

  • ロードするソーシャル ネットワーク プロバイダーの一覧を指定します。

    このポリシーの設定、ソーシャル ・ バージョンが読み込まれているソーシャル ネットワーク プロバイダーの一覧を指定します。このポリシー設定を有効にする場合は、プロバイダーの Progid の社会的 Outlook コネクタによってロードされるソーシャル ・ ネットワーク ・ プロバイダーのリストを入力できます。この一覧は、セミコロンで区切ったです。このポリシー設定を有効にする場合は、このリストにある社会のネットワーク プロバイダーだけ、ソーシャル ・ バージョンが読み込まれます。その他のソーシャル ネットワーク プロバイダーはロードされません。無効にする] または [このポリシーの設定を構成しない場合は、社会的 Outlook コネクタ、DisabledProvidersListで指定された以外のすべてのインストールされているプロバイダーを読み込むことができます。

    このポリシーの設定は、次のレジストリ情報が制御されます (2 つの値に注意してください)。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD:ProviderSecurityMode
値:
1 = のポリシーを有効にします。のみをされる OSCTrustedProvidersList文字列 (下記参照) で指定されたプロバイダーの一覧を読み込みます。
0 = のポリシーを無効にします。(標準)インストールされているすべてのプロバイダー以外にDisabledProvidersList文字列の値を表示、される OSC を読み込みます

キー:

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
文字列:TrustedProvidersList
値: セミコロンで区切られた一覧の [現在インストールされているプロバイダーの (現在のプロバイダーを指定することができますの一覧次に示します。下の一覧に含まれていない場合は、社会的なコネクタは、プロバイダーのベンダーください。)

SharePoint では:OscAddin.SharePointProvider
ミクシィ:LinkedInSocialConnector.LinkedInSocialProvider
マイスペース:MySpace.OSC
Windows Live Messenger:OscAddin.WindowsLiveProvider

メモ

ProviderSecurityModeを設定することを確認してくださいだけTrustedProvidersListで指定されたプロバイダーをロードするのには、される OSC を使う場合は 1 を = します。

SharePoint のプロバイダーに、される OSC は Outlook 2003 または Outlook 2007 では利用できません。

  • 連絡先の写真を表示しません。Outlk14.adm テンプレートでは利用できません

    このポリシーの設定ウィンドウで、ユーザーの写真の表示を制御します。このポリシー設定を有効にする場合は、写真の人のウィンドウで表示されません。Outlook 2010 を使用している場合は、このポリシーも、連絡先の写真を電子メール メッセージとは、Outlook の連絡先カードのヘッダーの表示に影響します。連絡先の写真の人のウィンドウで Active Directory または連絡先フォルダー内のアイテムのいずれかから発生します。無効にする] または [このポリシーの設定を構成しない場合は、写真の人のウィンドウで連絡先を利用可能な場合に表示されます。

    このポリシー設定は、次のレジストリ情報が制御されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\14.0\Common
DWORD:TurnOffPhotograph
値:
1 = のポリシーを有効にします。連絡先の写真が人のペインには表示されません。Outlook 2010 を使用している場合は、それらも、電子メール メッセージを Outlook の連絡先カードのヘッダーには表示されません。
0 (既定値) ポリシーを無効を = します。社会的 Outlook コネクタ ユーザー] ペインで連絡先の写真を表示します。

メモこのポリシーのレジストリ キーのパスを慎重に見てください。これだけのポリシーの設定を \Office\14.0 パスの下にされる OSC です。このポリシーのパスは\14.0キーの下にある場合でも、Outlook 2003 は、Outlook 2007 は、および Outlook 2010 の機能します。

ユーザー ウィンドウが折りたたまれている場合が提供されたとき Outlook 2010 内の既定では、メッセージ ヘッダー、連絡先の写真を表示します。



また、メンバー ペインが展開されている場合は、Outlook 2010 の既定では、連絡先の写真ユーザー] ウィンドウでのみ表示されます。



場合TurnOffPhotograph= 1 の連絡先の写真が表示されます、次の図に示すように。





場合TurnOffPhotograph= 1、連絡先の写真も表示されない、Outlook 2010 の連絡先カードまたは Outlook 2010 のアドレス帳] ダイアログ ボックスで、次の図に示すように。Outlook 2003 または Outlook 2007 は、連絡先カードのように、次のとおりですがないと、これらのバージョンの Outlook も写真、アドレス帳ダイアログ ボックスに表示されませんに注意します。



  • メンバー ペインに表示される項目の最大数Outlk14.adm テンプレートでは利用できません

このポリシーは、人のペインに表示される項目の最大数を指定します。既定の数は 100 個です。このポリシーを有効にする場合は、別の値の人のペインに表示される項目の最大数を指定できます。無効にする] または [このポリシーの設定を構成しない場合は、社会的 Outlook コネクタが 100 アイテムの既定値が使用されます。

このポリシー設定は、次のレジストリ情報が制御されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD:MaxWDSSearchResults
値:

Warning: This article has been translated automatically

プロパティ

文書番号:2020103 - 最終更新日: 07/11/2011 16:18:00 - リビジョン: 1.0

  • kbmt KB2020103 KbMtja
フィードバック
e="display:none;" onerror="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">