Windows 7 でオーディオ録音リダイレクトを構成します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2020918
現象

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のリモート デスクトップ接続と、録音するオーディオのリダイレクト機能を使用してオーディオ録音デバイスをリモート デスクトップ セッションにリダイレクトできます。

メモ オーディオ録音リダイレクト機能は Windows Professional edition では利用できません。

Windows Server 2008 R2 は、オーディオ信号をリダイレクトを構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトに移動します。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd759231.aspx

この同じ構成、VDI では、仮想化された Windows 7 のデスクトップに接続のシナリオで便利な場合があります。

Windows 7 では、許可するオーディオのリダイレクト ポリシーの録音を有効にすると、[オーディオ録音リダイレクトを許可するがありません。ただし、無効にするポリシーを設定すると、オーディオ録音リダイレクト] オプションが無効になります。

解決方法

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

322756 Windows でレジストリを復元する方法

次のレジストリ サブキーにオーディオ録音リダイレクト機能を無効にできます。

HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP Tcp

fDisableAudioCapture REG_DWORD 0 |1

Windows 7 リモート デスクトップ コンピューターのポリシーまたはレジストリ サブキーが無効に設定すると、[オーディオ録音リダイレクトは利用できません。

Windows 7 エンタープライズ版では、このレジストリの subey はデフォルトで 1 に設定されます。そのため、オーディオ録音リダイレクトを使用できません。

この場合、ポリシーの値を[有効] に設定することですできません。代わりに、サブキーを0に設定する必要があります。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2020918 - 最終更新日: 12/08/2012 00:23:00 - リビジョン: 1.0

  • kbmt KB2020918 KbMtja
フィードバック