現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2008 R2 評価版

概要

この資料では、以下のマイクロソフト TechNet Web サイトからダウンロードできる Windows Server 2008 R2 RTM と Windows Server 2008 R2 SP1 の評価版について説明します。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/dd459137.aspx

ダウンロード可能なバージョン:

  • Standard
  • Enterprise
  • Datacenter
  • Web

使用できるプラットフォームと言語:

  • x64 エディション: 簡体字中国語、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、およびスペイン語
  • Itanium エディション: 英語、ドイツ語、フランス語、および日本語

評価版の機能:

  • (ライセンス認証の) 猶予期間: 10 日
  • 評価期間: 180 日
  • プロダクト キー:セットアップ時には不要
  • ライセンス認証の方法: インターネットのみ (電話でのライセンス認証は使用できません)
  • Rearm: 5
詳細

質問:評価版を搭載しているかどうかを確認する方法を教えてください。

回答: これは、既に Windows のライセンス認証を行っているかどうかによって異なります。

まだ 10 日の猶予期間内である場合は、以下のいずれかの方法を使用します。

  • 管理者特権を持つコマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。

slmgr.vbs /dlv

注: このコマンドでは以下の情報が表示されます。

Description: Windows Operating System - Windows Server(R), TIMEBASED_EVAL channel

  • [スタート] ボタンをクリックし、[コンピューター] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    注: この操作により、以下の情報が表示されます。

X 日以内にライセンス認証が必要

既に Windows をライセンス認証している場合は、以下のいずれかの方法を実行します。

  • [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、「winver」と入力します。

注: 評価版を搭載している場合は、[Windows のバージョン情報] ダイアログ ボックスに "評価版" と表示されます。

  • [スタート] ボタンをクリックし、[コンピューター] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

注: 評価版を搭載している場合は、システムのプロパティのウィンドウに以下の情報が表示されます。

お客様の Windows ライセンスは、XXX 間有効です。

注: Windows Server 2008 R2 コンピューター上にサービスの 1 つとして Windows License Monitoring Service が存在する場合、これが評価版メディアであることを意味します。Windows Licensing Monitoring Service (WLMS) は、Windows Server 2008 R2 の評価版にのみ存在します。

質問: マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項では評価版であることが示されますか。
回答: はい、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項では、時間の制約を受けるソフトウェアであることが示されます。

質問: 評価版を完全版に変換することはできますか。
回答: この変換はブロックされてはいませんが、マイクロソフトでは、評価版を完全版にアップグレードすることや、プロダクト キーを完全版のキーに変更することはサポートしていません。完全版にアップグレードするには、評価版でないメディアをインストールする必要があります。プロダクト キーを完全版に変更すると、Winver および Slmgr /DLV の出力では評価版であることが表示されなくなりますが、WLMS サービスはシステム上に残り、メディアは評価版の状態を保持します。

質問: 10 日の猶予期間内に製品のライセンス認証を行わないとどのようになりますか。
回答
: 猶予期間が期限切れになる前に製品のライセンス認証を行わないと、以下の現象が発生します。

  • Windows でデスクトップの壁紙が黒一色の背景に変更される。
  • 次の警告と共に、デスクトップの右下隅に透かしが表示される。

    Windows ライセンスの有効期限が切れています
    この Windows のコピーは正規品ではありません

  • Windows にログオンすると、以下の選択肢のいずれかを選択するように求められる。

    ライセンス認証の手続きを今すぐ行う
    後で確認する

質問: 正常にライセンス認証することができない場合は、10 日の猶予期間をリセットすることができますか。
回答: 以下のコマンドを使用すると、猶予期間がリセットされます。

slmgr.vbs /rearm

質問: 180 日の試用期限が切れるとどうなりますか。
回答: 試用期限が切れると、以下の現象が発生します。

  • Windows でデスクトップの壁紙が黒一色の背景に変更される。
  • 次の警告と共に、デスクトップの右下隅に透かしが表示される。

Windows ライセンスの有効期限が切れています
この Windows のコピーは正規品ではありません

  • Windows にログオンすると、次の選択肢が表示される。

    ライセンス認証の手続きを今すぐ行う
    後で確認する

  • 1 時間ごとにシステムがシャットダウンされる。
  • アプリケーション ログに次のイベント ID が記録される。

ログ名: アプリケーション
ソース: WLMS
イベント ID: 100
説明: このインストールの Windows のライセンス期間は期限切れになりました。オペレーティング システムは 1 時間ごとにシャットダウンされます。

質問: 製品のライセンス認証を行った後はどうなりますか。
回答: 製品をライセンス認証した後、次のメッセージと共にデスクトップに透かしが表示されます。"XXX の間有効な Windows ライセンス"評価期間の最終日に、コンピューターが自動的に再起動する前、1 時間ごとにテキストがカウント ダウンします。

質問: Windows を評価するには、評価版を使用する必要がありますか。
回答: マイクロソフトとのサポート契約に応じて、評価版ではなく通常のボリューム ライセンス版の Windows を使用して製品を評価できます。このようにすると、完全製品版の Windows に変換するときに、他の方法では発生する問題が発生しなくなります。

プロパティ

文書番号:2021579 - 最終更新日: 02/02/2012 10:01:00 - リビジョン: 4.0

  • KB2021579
フィードバック
t>