現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

SQL Server の復元操作中に、18272 のエラーを報告する可能性があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2022254
現象

Microsoft SQL Server 2005 や Microsoft SQL Server 2008 は、Microsoft SQL Server 2008 R2 データベースのトランザクション ログを復元するときに、SQL Server のエラー ログ ファイルに次のようなエラーを受け取ることがあります。:

エラー: 18272、重大度レベル: 16、状態: 1。

復元の再開中に、により、チェックポイント ファイルの I/O エラーが発生しました。 ' X:\Microsoft SQL Server\MSSQL.1\MSSQL\Backup\CHECK。CKP' ((ユーザーが指定したバッファーが、要求された操作は無効です。) オペレーティング システム エラー 1784)。ステートメントは続行されますが、再開できません。有効な記憶域の場所のチェックポイント ファイルが存在することを確認します。

原因
このエラーは、影響を制限し、復元操作が成功することは。このエラー メッセージは、復元が中断された場合、および復元を再起動するために使用するチェックポイント ファイルに書き込まれます、またはチェックポイント ファイルが正しく書き込まれない場合が発生します。このエラーを受け取った場合は、何らかの理由で、プロセスの途中で、リストア ・ オペレーションを中断した場合、チェックポイント ファイルではなく、バックアップ ・ ファイルの先頭から再起動しますが、ことを意味します。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2005

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 10 で初めてリリースされました。SQL Server 2005 の累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。

983329 累積更新 10 のパッケージを SQL Server 2005 Service Pack 3

メモ ビルドは累積的であるため、新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。

詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。

960598 の SQL Server 2005 の SQL Server 2005 Service Pack 3 のリリース後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 サービス パック 1

この問題に対する修正は SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム 9 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。

2083921 累積的な更新 9 を SQL Server 2008 Service Pack 1

メモビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。

970365 を SQL Server 2008 を SQL Server 2008 Service Pack 1 のリリース後にリリースされたビルドします。

特定の SQL Server service pack を Microsoft SQL Server 2008 の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 1 のインストールに SQL Server 2008 Service Pack 1 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、次の SQL Server service pack に SQL Server のサービス パックで提供されている修正プログラムがあります。

SQL Server 2008 サービス パック 2

この問題に対する修正は、SQL Server 2008 Service Pack 2 の累積的な更新 1 でまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。

2289254 累積 1 を SQL Server 2008 Service Pack 2 の更新します。

メモビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。

SQL Server 2008 を SQL Server 2008 Service Pack 2 のリリース後にリリースされた2402659 を構築します。

SQL Server 2008 R2

この問題に対する修正は累積的な更新プログラムの 4 にまずリリースされました。SQL Server 2008 R2 でこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。

2345451 累積的な更新パッケージを SQL Server 2008 R2 の 4

メモビルドは累積的なそれぞれの新しいリリースであるためにすべての修正プログラム が含まれているし、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックして:

981356 SQL Server 2008 R2 を構築されたリリースされた SQL Server 2008 R2 のリリース後

回避策

プロセスは、「ストライプ リストアとして」と呼ばれます場合があります複数のバックアップ ファイルから復元すると、エラー メッセージが表示は、通常、エラーを回避するには、複数のバックアップ ファイルを復元操作で指定しません。

詳細

頻繁に、お客様がサード ・ パーティ製バックアップ ・ ソフトウェア ・ ツールを使用して、SQL Server データベースをバックアップするのには、問題が報告されます。これらのツールは、バックアップを容易に、全体の複数のファイルを復元する操作。

その他の参照:

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2022254 - 最終更新日: 05/24/2011 09:07:00 - リビジョン: 8.0

  • kbmt KB2022254 KbMtja
フィードバック
lementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?"> >>ow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");