共有メールボックスから削除されたアイテムが Outlook で誤ったフォルダーに移動します。

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:202517
概要
削除権限を持つユーザーの他のユーザーのメールボックス フォルダーからアイテムを削除するのには Microsoft Outlook を使用すると、削除済みアイテムはメールボックスの所有者の削除済みアイテム フォルダーではなく、削除済みアイテム フォルダーに移動します。
詳細
Outlook には、メールボックス所有者の削除済みアイテム フォルダーにコピー先の ofdeleted の項目を切り替えるには、Windows レジストリの設定が用意されています。

削除済みアイテムの移動先を変更するのには

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

削除済みアイテムのコピー先を切り替えることがあるするには、「ここで簡単に解決するセクションに進んでください。削除された場合は、移動先を変更する場合は、自分で移動するアイテムの"自分で解決するセクションに進んでください。

ここで簡単に解決する

削除済みアイテムの保存先を自動的に切り替えるをクリックして、をダウンロード ボタン。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] とし、次の簡単な修正プログラム ウィザードの手順にします。

Outlook 2016、Outlook 2013
削除済みアイテム フォルダーに保存
ストアは、メールボックス所有者のフォルダー内のアイテムを削除します。

Outlook 2010、Outlook 2007、Outlook 2003、Outlook 2002、Outlook 2000 の
削除済みアイテム フォルダーに保存
ストアは、メールボックス所有者のフォルダー内のアイテムを削除します。



注:
  • DelegateWasteBasketStyleがグループ ポリシーを使用して適用されている場合は、Theeasy の修正プログラムのソリューションは機能しません。
  • エントリの 2 つ目は簡単な解決策のソリューションを実行すると、代理ユーザーが所有者のメールボックスの削除済みアイテム フォルダー レベルのアクセス許可の権限が作成以上を確認してください。
  • このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • いない場合に、問題があるコンピューターを簡単に修正プログラム ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、し、問題のあるコンピューターで実行します。




自分で解決する

レジストリ設定を変更するには、以下の手順を実行します。
  1. Outlook を終了します。
  2. レジストリ エディターを起動します。これを行うには、Windows のバージョンに応じて、次のいずれかを使用します。
    • Windows 8 と Windows 10:実行] ダイアログ ボックスを開くには、Windows キー + R キーを押します。Regedit.exeを入力し、 [ok]を押します。
    • Windows 7: をクリックして開始タイプregedit.exe[検索] ボックスで、 Enterキーを押します。
  3. Outlook のバージョンに応じて、適切なレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Options\General
    x.0 のプレース ホルダーは、Office のバージョンを表します (16.0 = Office 2016、15.0 = Office 2013、14.0 12.0 Office 2010 を = = Office 2007)。
  4. DelegateWastebasketStyle 値を右クリックし、[変更] をクリックします。

    キーが存在しない場合は、作成時に次の手順を使用します。
    1. この資料で前述の"にスイッチの転送先の削除済みアイテム] セクションの手順 4 で定義されているパスの [全般] フォルダーを右クリックします。
    2. 新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
    3. タイプ DelegateWastebasketStyle、し、Enter キーを押します。
  5. DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスで値のデータを次の値のいずれかに変更します。
    • 8 = フォルダー内のストアが削除された項目。
    • 4 = メールボックス所有者のフォルダーにアイテムをストアを削除します。
    注: <b>代理ユーザーが所有者のメールボックスの削除済みアイテム フォルダーのレベルの権限を作成して、少なくともことを確認します。デリゲートには、これらの権利はありません、このレジストリ オプションを 4 に設定されて場合は、アイテムを完全に削除されかユーザーは、次のエラー メッセージのいずれかを受け取ります。
    • アイテムを削除できませんでした、アイテムが移動または既に削除されて、またはアクセスが拒否されました。
    • 操作に失敗しました。
    • いくつかのアイテムを削除できません。アイテムが移動または既に削除されて、またはアクセスが拒否されました。
    • 削除を完了できませんでした。アイテムが既に削除されたか移動します。
  6. レジストリ エディターを終了します。
  7. Outlook を再起動します。

DelegateWasteBasketStyle がグループ ポリシーを使用して適用されたかどうかを判断します。

上記のレジストリ値は、影響を与えません、管理者適用可能性がありますが、グループ ポリシーを使用して設定します。グループ ポリシーのレジストリ値は、レジストリのユーザー設定] セクションで構成されているものをオーバーライドします。

DelegateWasteBasketStylevalue は、次のレジストリ キーに存在するを検索する、組織内のグループ ポリシーが使用されるために可能性があります。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Options\General
x.0 のプレース ホルダーは、Office のバージョンを表します (16.0 = Office 2016、15.0 = Office 2013、14.0 12.0 Office 2010 を = = Office 2007)。

ユーザーまたはコンピューター アカウントに適用されるグループ ポリシーを確認するには、Active Directory 管理者に問い合わせてください。

この修正で問題は解決しましたか?

問題が解決したかどうかを確認してください。問題が解決した場合は、このセクションで終了です。問題が修正されていない場合することができます。サポートにお問い合わせください。.
98 の他のメールボックスが [高度な OL2007 fixit に fixme を修正します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:202517 - 最終更新日: 03/03/2016 08:14:00 - リビジョン: 8.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Outlook 2002 Standard Edition, Microsoft Outlook 2000 Standard Edition

  • kbinfo kbfixme kbmsifixme kbmt KB202517 KbMtja
フィードバック