現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Outlook 2010 およびそれ以降のバージョンでは、コラボレーション データ オブジェクト (CDO) 1.2.1 はサポートされていません

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2028411
概要

Microsoft Outlook 2010 およびそれ以降の verisons とのコラボレーション データ オブジェクト (CDO) 1.2.1 オブジェクト ライブラリを使用できるがないことをお勧めしたり、何らかの方法でこの機能をサポートしないでください。

重要: CDO 1.2.1 を使用するのにはこの資料が適用されるクライアント側と Outlook 2010 およびそれ以降のバージョンです。Outlook コンピューターで使用するため MAPI サブシステムをインストールして、設計が CDO 1.2.1 を使用するには適用されません。

詳細

コラボレーション データ オブジェクト (CDO) 1.2.1 は、拡張 MAPI 機能をシン ラッパーを提供するクライアント ライブラリです。電子メールのメッセージのカスタム プログラムに機能を追加するのには、このライブラリが使用されます。このライブラリでは、MAPI を介して電子メールを送信するなどの予定表の操作または Microsoft outlook のさまざまなデータにアクセスする Microsoft Exchange の機能を実行するこれらのプログラムを使用できます。

Outlook 2007 以降では、CDO 1.2.1 は Microsoft Outlook に含まれていません。CDO 1.2.1 は、Outlook 2007 用のダウンロード ファイルとしてのみ使用可能。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=2714320d-c997-4de1-986f-24f081725d36&DisplayLang=en

このダウンロードは、Outlook 2007 がインストールされているコンピューターにのみインストールできます。Outlook がインストールされていない場合、ExchangeCdo.msi ファイルを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。

Microsoft Office Outlook 2007年がインストールされてもいない場合、共同作業データ オブジェクト 1.2.1 をインストールできません。

Outlook 2010 またはそれ以降のバージョンがインストールされている場合に、ダウンロード可能なバージョンの CDO がインストールされていない可能性があります最初にインストールする CDO Outlook 2007 を使用した Outlook をアップグレードする前に。このシナリオでは、プログラムは、Outlook 2010 またはそれ以降のバージョンの MAPI との統合も、CDO ライブラリを使用します。

しかし、CDO では、Outlook が Outlook 2007 から Outlook 2010 およびそれ以降のバージョンまでアップグレードする前にアンインストール最初をお勧めします。

CDO をアンインストールするには、次の手順を実行します。

  1. ダウンロードし、次のマイクロソフト ダウンロード センターのリンクから ExchangeCDO.exe を実行します。
    http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=3671
  2. ローカル ハード_ディスク上のフォルダーにダウンロードした実行可能ファイルを抽出します。
  3. 抽出された ExchangeCDO.exe ファイルを実行します。
  4. 削除] を選択し、[次へ] をクリックします。
  5. セットアップが完了すると、[完了] をクリックします。

Microsoft Outlook 2010 およびそれ以降のバージョンには、クライアント側の MAPI サブシステムに多くのアーキテクチャ上の変更が含まれます。特に問題となるのでは複数の Exchange アカウントを使用する Outlook を構成しているシナリオです。また、CDO 1.2.1 は 32 ビット クライアント ライブラリし、64 ビット バージョンの Outlook では動作しません。これらすべての要因を考慮して、Outlook 2010 またはそれ以降のバージョンでの使用は、CDO 1.2.1 はサポートされていませんし、Outlook 2010 およびそれ以降のバージョンでの使用をお勧めしません。

CDO ではなく他のアプリケーション プログラミング インターフェイス (Api) を使用するのには CDO を使用するプログラムを再設計されています。Outlook 2007 以降では、Outlook オブジェクト モデルが大幅に拡張 CDO 1.2.1 を使用するだけで以前利用可能だった機能を提供します。Outlook 2010 とそれ以降のバージョンのオブジェクト モデルには、これ以上拡張するいくつかの新機能が含まれています。たとえば、Outlook オブジェクト モデルは、複数の Exchange アカウントを使用して正常に動作する新しい機能を持っています。Outlook オブジェクト モデルは、32 ビットと 64 ビットの両方のバージョンの Outlook にも有効です。開発者は、CDO 1.2.1 ではなく、Outlook 2010 およびそれ以降のオブジェクト モデルを使用する必要があります。また、開発者が拡張 MAPI を使用を必要とするアンマネージ C++) いくつかのシナリオで CDO が必要な場所です。ただし、可能な場合は、一般的な推奨拡張 MAPI の代わりに、Outlook オブジェクト モデルを使用することです。

マイクロソフト製品サポートは、開発者のお客様から、他の Api を使用するのには、CDO 1.2.1 を使用してカスタム プログラムを移行できます。ただし、マイクロソフトは Outlook 2010 または Outlook 2013 に CDO 1.2.1 を使用しているすべてのシナリオのサポートを提供するがありません。

注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2028411 - 最終更新日: 04/08/2016 07:37:00 - リビジョン: 5.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010

  • kbmt KB2028411 KbMtja
フィードバック