現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

修正: 共有コンポーネントがインストールされて、間違った場所で、SQL Server 2008 または SQL Server 2012年のフェールオーバー クラスターのインストールを実装する場合

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2028830
マイクロソフトは、1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server 2008の修正プログラムを配布します。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムを含むし、以前の SQL Server 2008 に含まれているすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
Microsoft SQL Server 2008年または SQL Server 2012年では、次のシナリオを検討してください。
  • SQL Server 2008 または SQL Server 2012年のフェールオーバー クラスターのインストールの実装を開始します。
  • フェールオーバー クラスターにノードを追加します。
  • デフォルト以外の場所にノードに共有コンポーネントをインストールします。次のパスで共有コンポーネントをインストールするなどのオペレーティング システムが c: ドライブにインストールされている場合
    D:\Program ファイル SQL Server
  • 2 番目のノードは、フェールオーバー クラスターに追加します。
このシナリオで、次の現象が発生します。
  • インストールは、デフォルト以外の場所を無視し、既定の場所に共有コンポーネントをインストールします。
  • クラスター、ログ配布が失敗でフェイル オーバーが発生して、次のようなエラー メッセージが表示されます。
    ジョブ ステップ:「C:\Program ファイル SQL Server\100\Tools\Binn\sqllogship.exe」-11988AF6-DCC1-4785-90A5-978568E6C562 のバックアップ-GVS10001 メッセージとしてユーザーのコピー jobMessageExecuted でのフェイル オーバー後のサーバー: DOMAIN1\SQLService。0x3329AA27908BB548B5D78A9EA3D6A3DD のジョブのステップ 1 のプロセスを作成できませんでした (理由: 指定されたファイルが見つかりませんでした)。ステップは失敗しました。
  • クラスター フェイル オーバーが発生した場合は、PowerShell のジョブには、クリアで SQL Server ポリシー ベースの管理 (PBM)、フェイル オーバーが発生した場合、作成されるジョブがある場合や、ジョブが失敗します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
    ステップ 3 の実行を開始できません (理由: 読み込み [、SQLAGENT を参照してください [PowerShell のサブシステムが失敗しました。ファイルの詳細]。ジョブは中断されました)。ステップは失敗しました。ログの SQL Server のメッセージ [125] サブシステム 'PowerShell' を読み込めませんでした (理由: 指定されたパスが見つかりませんでした)
  • ときに、Bcp.exe のコンポーネントを参照するジョブをフェールオーバーするジョブは失敗します。
原因
次のコンポーネントが間違った場所にインストールされているために、この問題が発生します。
  • SQL の Powershell (Sqlps.exe)
  • ログ配布の実行可能ファイル (SQLLogship.exe)
  • Bcp.exe と他のコンポーネント
これらのコンポーネントのいずれかを使用して作成されたジョブは、両方のノードで別の場所にあります。したがって、ときに、ジョブをフェールオーバーするは失敗します。

注:クリア PBM によって作成されたジョブは、PowerShell のステップ。そのため、ジョブは、Sqlps.exe コンポーネントを参照します。
解決方法

Service Pack 2 については、SQL Server2012 の

この問題を解決するには SQL Server 2012年の Service Pack 2 を取得します。詳細については、 SQL Server 2012 Service Pack 2 で修正される問題SQL Server 2012 の最新のサービス パックの入手方法.

SQL Server 2008 Service Pack 1

この問題に対する修正は SQL Server 2008 の Service Pack 1 の累積的な更新プログラム 10 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2279604 SQL Server 2008 の Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 10
注: <b>ビルドは累積的であるため各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 に含まれているすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新リリースの修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
970365 SQL Server 2008 SQL Server 2008 の Service Pack 1 がリリースされた後にリリースされたビルドします。
特定の SQL Server サービス パックの場合は、Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 のサービス パック 1 の修正プログラムを適用すると、SQL Server 2008 の Service Pack 1 のインストールをする必要があります。既定では、SQL Server のサービス パックで提供されているすべての修正プログラムは、次の SQL Server のサービス パックに含まれます。

SQL Server 2008 Service Pack 2

この問題に対する修正は SQL Server 2008 の Service Pack 2 の累積的な更新 1 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2289254 SQL Server 2008 の Service Pack 2 用の累積的な更新 1
注: <b>ビルドは累積的であるため各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 に含まれているすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新リリースの修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
2402659 SQL Server 2008 SQL Server 2008 の Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされたビルドします。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
フェールオーバー クラスタ リングの詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。 共有コンポーネントの詳細については、「共有機能」セクションで、次の MSDN web サイトを参照してください。SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供する SQL Server チームの増分サービス モデルは
名前付けスキーマを SQL Server の更新プログラムの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
822499Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージに新しい命名方式
ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2028830 - 最終更新日: 02/10/2015 08:21:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Standard

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2028830 KbMtja
フィードバック